ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

素朴だけど味わい深い!ぜひ味わいたいアイルランド料理12選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit:Sae Shindo「アイルランド自転車旅」

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はアイルランド料理をご紹介します。もしかすると、アイルランドはビールだけと思っていませんか。ビール以外にもアイルランドには多くの料理があります。それでは、早速見ていきましょう。

アイルランドの食文化とは

アイルランドの食文化を語る上で、忘れてはならないのがパブですね。仕事を終えると、人々はパブへ直行します。そこで、ビールと食事を楽しみながら友人と語り合うのです。アイルランドの主食はじゃがいもになります。「アイルランド」と「じゃがいも」というワードを聞くと、19世紀の「ジャガイモ飢饉」を思い起こす方も多いのではないでしょうか?
天候不良とイギリスの政策により、多くのアイルランド人が亡くなりました。アイルランドにとって、じゃがいもはとても大切な食べ物なのです。

アイルランド料理の特徴

アイルランド料理はじゃがいもをベースに、羊や牛肉を使った素朴な味わいが特徴です。アイルランドは島国ですので、海の幸にも恵まれていることは言うまでもありません。味付けはフランスとは異なり、シンプルなものとなっています。
そして、アイルランド料理を語る上で忘れてはならない国が宿敵のイギリス。仲が悪いと言われていますが、料理文化は似ています。例えば、イギリス人がよく食べるサンドイッチはアイルランドでもよく食べられるものの一つです。

代表的なアイルランド料理

それでは、代表的なアイルランド料理を見ていくことにしましょう。

1. チップス

最初にご紹介するのはイギリスでもおなじみの「チップス」。いわゆるフライドポテトです。アイルランドの「チップス」はジャガイモを千切りにするのがポイント。そのため、日本と比較すると、細長いポテトなります。アイルランドのじゃがいもの味はもともと濃いので、「チップス」の味も濃厚! アイルランドの黒ビールとも本当によく合います。ぜひイギリスの「チップス」と食べ比べてみてください。

2. マッシュポテト

Photo credit:Don Crowley via Flickr CC
「日本でもマッシュポテトは食べられるよ」と思われる方も多いでしょう。しかしアイルランドのマッシュポテトは日本のものとは一味違います。大きな違いは濃厚で非常にクリーミーなこと。その理由は大量のバターと牛乳を使っているからです。
マッシュポテトはいろんな料理の添え物として登場します。
マッシュポテトを食べると、量の割に満腹感が得られますので、朝食として食べたり、弁当箱の中に入れて外での昼食として味わったりするのもいいでしょう。思っている以上に様々な使い方ができる料理です。

3. アイリッシュシチュー

Photo credit:charles Haynes(Own work) [CC BY-SA 2.0 or GFDL ], via Wikimedia Commons
アイリッシュシチューは「アイルランド版の肉じゃが」といったところでしょうか。作り方はいたってシンプルです。じゃがいも、玉ねぎ、お肉、パセリ、これらを鍋に入れて煮るだけ。肉はラム肉、もしくは牛肉、すね肉を使用します。アイリッシュシチューは作り方もシンプルかつ原価も安く抑えることができます。そのため、アイルランドのほとんどのレストランのメニューにアイリッシュシチューがあるはずです。

4. ソーダブレッド

Photo credit:Heather Moria(Own work)[CC BY 2.0 or GFDL ],via Wikimedia Commons
ソーダブレッドはアイルランドオリジナルのパン。発酵させるのではなく重曹によって膨らまして作られています。一般的なパンとは異なり、外はサクサクで中はしっとり。味わいはスコーンに少し似ているかもしれませんね。ソーダブレッドは家でも簡単に作ることができます。簡単に書くと「混ぜる⇒混ぜ合わせる⇒焼く」の3ステップのみ。ぜひチャレンジしてくださいね。

5. アイリッシュブレックファスト

Photo credit:Irish Jaunt via Flickr CC
アイリッシュブレックファストは文字通り、アイルランドの朝食になります。まず、写真を見るだけでも、かなりのボリュームを感じることでしょう。外見はイギリスの朝食と似ていますが、ソーセージの輪切りや厚いベーコンなどはアイルランド独自のものだと言われています。しかしアイルランド人は毎朝このようなヘビーな朝食を食べているわけではありません。
主に週初めに食べる傾向があります。レストランでは昼まで扱っているケースが多いので、ランチとして食べるのもいいでしょう。

6. サンドイッチ

Photo credit:Sebastian Dooris via Flickr CC
先ほども書いたとおり、アイルランドでもサンドイッチはよく食べられます。アイルランドのサンドイッチの特徴は鶏肉を多く使っていること。そのため、味がサッパリしています。アイルランドのスーパーではこちらが具材をチョイスする形で、サンドイッチを作ってくれます。少し変わり種のサンドイッチもあり、例えばポテトチップスが入ったものも! じゃがいもの生産国らしいサンドイッチですね。

7. コルカノン

Photo credit:Alison Cassidy (Own work) [Public domain or GFDL], via Wikimedia Commons
日本でもお馴染みのイベントとなりつつあるハロウィン。そのハロウィンはアイルランド発祥であるということをご存知でしたか? アイルランドでハロウィンの伝統料理といえばコルカノンです。料理は至ってシンプル! 先ほど紹介したマッシュポテトがメインになっていて、それにキャベツが加わった料理です。
シンプルですが、これが意外とおいしいのです。コツさえ掴めば日本でも簡単に作ることができるので、チャレンジしてはいかがですか。

8. アイリッシュクリームチーズケーキ

Photo credit:LWYang via Flickr CC
アイルランドのデザートも少しだけ紹介しておきましょう。アイルランドのデザートを代表するのがアイリッシュクリームチーズケーキです。他のアイルランド料理と同様、重厚で濃厚なケーキです。アイリッシュクリームチーズのポイントはリキュール(ベイリーズ)です。リキュール(ベイリーズ)はほど良い甘さで有名ですね。これをケーキに加えるわけです。ちなみに、リキュール(ベイリーズ)はアイスにかけることもあります。

9. アイリッシュオムレツ

アイリッシュオムレツはとにかく卵をふんだんに使ったふわふわのオムレツです。一般的にアイリッシュオムレツを作るとなると、卵を6個は使用します。オムレツにはアイルランドらしく、マッシュポテトやベーコンを混ぜるのです。そしてレモンをかけて、フライパンに載せて蒸し焼きします。
おそらく想像がつくと思いますが、アイリッシュオムレツを食べると非常にお腹がいっぱいになります。朝食でアイリッシュオムレツを食べた場合、昼食は軽くでいいかもしれません。

10. ボクスティ

Photo credit:Original uploaded by DavidBailey (Transfered by Diádoco) (Original uploaded on en.wikipedia) [CC BY 3.0 or GFDL] , via Wikimedia Commons
ボクスティもアイルランドらしい食べ物ですね。一言で表すと「じゃがいものパンケーキ」です。先ほど紹介したアイリッシュブレックファストを構成する一品。近年は韓国料理のように野菜や肉を巻いて食べることも多いようです。味付けは塩、こしょうだけというシンプルなもの。ぜひいろんな組み合わせでボクスティを楽しんでみましょう。ちなみに、「ボクスティ」はアイルランド語で「救貧院のパン」という意味です。

11. ジャケットポテト

Photo credit:Chen Zhao via Flickr CC
ジャケットポテトもじゃがいもをメインにしたアイルランド料理です。ジャケットポテトは皮付きのポテトを使用することがほとんど。ジャケットポテトの「ジャケット」というのは、ポテトの皮がジャケットに見えることから名付けられました。ジャケットポテトは鶏肉やチーズ、ハムなどを組み合わせて食べます。外はカリカリ、中はふわふわです。ちなみに、アイルランド人はキャンプ場で、ジャケットポテトをよく食べるそうですよ。

12.牡蠣

Photo credit:Simon James via Flickr CC
最後にご紹介するのは島国アイルランドらしい食材の牡蠣です。牡蠣は主にアイルランドの北部に位置するカーリングフォードやアイルランド南部のウォーターフォードでよく漁れます。アイルランドの牡蠣は日本の牡蠣よりも少し小ぶり。とても甘くクリーミーな味わいが自慢です。食べ方は、やっぱり生牡蠣で食べるのが一番!  特にアイルランド西部のゴールウェイの生牡蠣は美味で有名です。ぜひ、味わってみてください。

最後に

このように、アイルランドは家庭的で気取らない料理が多いのが特徴です。現地でもアイルランドの人々との交流を楽しみながらアイルランド料理を食べたいですね。

ライター: Nitta Hiroshi
Photo by: Sae Shindo「アイルランド自転車旅」

Compathyでアイルランドの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、アイルランドを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

*Sae Shindo「アイルランド自転車旅」

* MM1928「ダブリンから日帰りツアー!! ウィックロー山地 P.S.I Love You ロケ地」

Related Post

ノルウェー旅行で知っておきたい通貨の情報

魅力がいっぱい!グリーンランドの観光スポットまとめ

迫力満点!見逃せないアイスランドの氷河10選

アイルランドの首都、ダブリンのオススメ観光スポット15選

もう迷わない!バルセロナで必ず買っておきたいお土産15選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。