ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペットの犬の吠えグセを大人になってからでも直す方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 物言わぬペットのとっさのトラブルに、どう対処すればいいのか、悩んだ経験がある人は多いのではないでしょうか。

「6才、4才、3才の3匹のトイプードルを飼っています。6才の子は警戒心が強く、散歩の時に他の犬に出会うとすぐに吠えます。その声につられて、残りの子たちも吠えて大変! 大人になってからでも吠えグセを直せますか?」
静岡県・もみじ(40才・自営業)

 この悩みに、しつけ教室・犬の保育園SKYWAN! DOG SCHOOL代表の井原亮さんが答えてくれた。

 * * *
 犬を全く吠えないようしつけるのは、人間に全くしゃべるなというようなもので、不可能です。しかし、吠えてもメリットがないことを犬に理解させることで、無駄吠えは減らせます。

 散歩中に吠えるのは、恐怖心のほか、吠えた後に飼い主から、声かけや抱っこをしてもらった経験がある場合が多いんです。つまり、“吠えればいいことがある”と誤って学習してしまったのです。また、多頭飼いの場合は、仲間の犬に「犬が来たぞ」と伝えるためなど、さまざまな理由が考えられます。

 恐怖心から吠えている時に叱っても、犬にしてみれば、“余計怖い思いをした”としか記憶に残らず、根本的な解決にはなりません。

 犬は一度吠えただけで、脳内に興奮物質アドレナリンが分泌され、興奮状態になります。アドレナリンは短くても4~5時間、長いと3~4日も残るといわれており、一度アドレナリンが分泌されてしまうと、吠えやすい状態が続きます。つまり、吠えた後の対応では手遅れ。吠える前に対処することがポイントです。

 犬は目に入ったものに吠えやすく、まずはなるべく他の犬に出会わないように道を変えましょう。道を変えられない場合は、愛犬が他の犬を見つける前に、おやつなどで飼い主に集中させ、目線を外します。これを繰り返すうちに「他の犬を見つけるとおやつがもらえる」と覚え、無駄吠えがなくなります。

 そして次第に、他の犬を見つけると、飼い主の方を見る習慣がつきます。そこまできたらもう安心。おやつの回数を2回に1回などに減らし、そのかわりに触ってほめてあげたり、一緒に走って遊ぶなど、報酬をすり替えていくのもOKです。

 トレーニングには個人差はありますが、2~3か月は必要です。少し時間がかかりますが、大人になったわんちゃんでも、無駄吠えをやめさせることは可能です。

 愛犬と快適に暮らすには、飼い主側の我慢や忍耐も不可欠です。信頼関係を築くには、気長に、あきらめずにしつけを続けることが大切なのです。どうしてもできない場合は、プロのトレーナーに相談するのもおすすめです。

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
子供が犬に咬まれないための「魔法の言葉」を犬の専門家伝授
幸せになる方法 飼い犬の食事回数を2~3倍にし、手からやる
山口殺人 容疑者逮捕1分後に愛犬死亡で動物愛護関係者驚く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP