ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲んべえ男「酒で死ぬなら本望」と風呂も入らず飲み続ける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お酒を飲むのは楽しいことだが、度を超えてしまうといろいろと問題が。健康面でもそうだが、経済的にも厳しくなってくる。山梨県で介護ヘルパーをする女性Dさん(48才)は、大酒飲みな夫への不満を漏らす。

 * * *
 私は小酒飲みだけど、夫は大酒飲み。酒屋から配達してもらう焼酎や、ウイスキーのデカボトルが1週間、もたないんだから。私は缶チューハイを、飲みたい時に数本買っている。ふたりで調子に乗って飲んでいたら、わが家は破産よ。

 それと買い物。野菜やら肉やらを坂の多い道を自転車に載せて帰るのは重労働。そこにお酒を加えるのは…。

 だけど、あの日は真夏日でどうしても飲みたかったの。それで3本買って、冷蔵庫に入れて、夫の夕飯の準備をして、万全の態勢でお風呂へ。そして風呂上がり、ウキウキと冷蔵庫を開けたら、ない。缶チューハイが1本もない!

 もう信じられない。あのバカに飲まれていたの。で、最後の1本を掲げて、「おう、たまにはチューハイもうまいな。お前も飲むか?」だって。「殺」という字が、何度も浮かんだわね。

 * * *
 そして、とにかく暇さえあれば飲んでいるというのが、東京都の看護師Fさん(47才)の夫だ。Fさんが嘆きの告白だ。

 * * *
 うちのダンナのは晩酌ってレベルじゃない。ワインなら2本、日本酒はほぼ一升。休みの日は朝起きてビールを飲み、昼酒にチューハイ。夜はワイン、ハイボール、日本酒を手当たり次第。

 さすがに平日の昼間は「絶対に飲まない」と決めているみたいだけど、それも盆、暮れ、正月は中止。4日休みがあったら4日間、歯も磨かず、お風呂も入らず、寝ては飲み、飲んでは寝るを続けるの。

 本人は「酒で死ぬなら本望」と言っているけど、そうなるまで家の中でホームレス臭を出すおっさんと暮らせってか?

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
飲む前の一手間ブームがそのまま飲める缶チューハイにも波及
震災後 酒の味知る大人の女性は糖分控えめチューハイが好み
炭酸ブームのアルコール飲料「よりヘルシー志向に」と専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。