ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

にんにくの臭い消し 食後のりんご1切れ、牛乳や緑茶も推奨

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 暑くてバテたり、冷房で体調を崩したり…そんな時、体力維持に効果的なのが、スタミナ食材の王様にんにく。健康効果をたっぷり取りいれたにんにく料理で、これからやってくるアツ~い夏に負けないパワーをしっかり、たっぷりチャージ!

【旬は6月~7月】
6月下旬~7月中旬の収穫時期だけ、掘りたての生にんにくが出回る。ただ、日持ちが悪いため、通年出回るのは保存がきくように乾燥させたもの。生産量の1位はダントツで青森県、2位は香川県。

【生食は刺激が強すぎる】
生食は胃腸を守っている粘膜の保護機能を低下させ、潰瘍を引き起こすことも。生食の場合は3日に1回1~2片が目安。胃腸の弱い人は加熱調理で刺激をやわらげ、食べる量も加減を。

【強力な抗菌・殺菌効果】
生をすりおろしたときに発生する成分には強力な殺菌効果があるため、肉の下ごしらえには最適。さらに嫌なにおいを消して食欲をそそる香りをつける。

【刻んだほうが、においが強い】
にんにくがにおうのは、刻んだりすりおろしたりして組織が破壊された時。丸ごと加熱調理すれば、健康効果は少ないがにおいはしにくい。

【食後のにおいには、皮付きリンゴ】
食後すぐにりんご1切れを皮ごと食べると、ポリフェノールや酵素の働きでにおい消しに。ジュースだと効果は薄い。牛乳や緑茶を飲むのも○。

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
にんにくプラス卵黄でパワー増 ニオイが気にならないレシピ
食欲が減る季節にオススメ 揚げにんにくの風味香る「田子飯」
においやネバネバが苦手な人でも大丈夫な納豆克服アイディア

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。