ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蛭子さん 「目の下のクマが気になる」と顔ヨガを体験

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 あの蛭子さんが顔ヨガで若返り⁉ 監修を務めた 『日めくり まいにち、顔ヨガ!』が6刷、4万部を超える大ットを記録している顔ヨガ講師・間々田佳子さんが、長編映画に初主演している“俳優”で漫画家の蛭子能収さんに顔ヨガを指導した。

【蛭子さんのお悩み】「目の下のクマが気になって…」 

【間々田さんの回答】
「眼球を支えている目の奥の筋肉を『より目ぴよぴよ』で鍛え、『ギョロ目プッシュ』で目の周りの筋肉だけを使って目を開く。ダブルで行えば、クマやくすみが解消されます」(間々田さん・以下「」内同)

◇より目ぴよぴよのやり方
唇をギュッとすぼめて頬のお肉を思いっきり吸い込み、それと同時に目を中央に寄せてより目にする。5秒。

◇ギョロ目プッシュのやり方
両手を額に重ね、額が動かないようにしっかりブロック。目が飛び出しそうなくらい大きく開く。10秒×3回。

【蛭子さんのお悩み】「頬がダラ~ンとたるんでるの」

【間々田さんの回答】

「『こめかみストレッチ』は表情筋が上がった状態で“形状記憶”されるので、フェイスラインが一気に引き上がります。即効性があるので、人に会う直前が特にオススメ」

◇こめかみストレッチのやり方

【1】左手で右のこめかみの下をグイッと引き上げる。目尻がつり上がり、ほうれい線が消えたらOK。左側に頭を倒す。【2】「ハァ―ッ」と強く息を吐きながら、舌を根もとから思い切り左下に伸ばす。反対も同様に行う。10秒×1セット。

撮影■政川慎二

※女性セブン2016年5月26日号

【関連記事】
あごのラインをシャープにする顔ヨガを解説
話題の顔ヨガ体験した蛭子さん 「ほんとに変わる」と驚く
広瀬すずのようなパッチリ目になれる?に顔ヨガ講師が回答

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP