ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“アメリカン・ジャズ界”の巨人、実はカナダ人

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
“アメリカン・ジャズ界”の巨人、実はカナダ人

J-WAVE月曜−木曜の14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。7月4日(月)のオンエアでは、超絶技巧のジャズピアニスト、オスカー・ピーターソンのエピソードを紹介しました。

オスカー・ピーターソンは1925年、カナダ東部、ケベック州モントリオールに生まれました。“アメリカン・ジャズ界の巨人”と言われていますが、実はカナダ人。1940年代の後半、地元カナダで演奏していた頃、ノーマン・グランツに見出されてニューヨークへ渡り、一躍アメリカのジャズ界で脚光を浴びる存在になりました。

ちなみにノーマン・グランツはといえば、20世紀のジャズ界で「最も重要なプロデューサー」と言っていい人物。ヴァーヴ、パブロという2つのレコードレーベル、そして“JATP”(ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック)というライブシリーズも立ち上げ、当時、一世を風靡していました。

ピーターソンは、そんなノーマン・グランツに見いだされ、JATPのメンバーになったことでアメリカのジャズ界のフリーパスを手に入れたということになります。

これについて「どの世界にも、実力だけではなく、出会いやご縁ってありますね。でもまたそれも実力なんでしょうね」と西村。

現在開催中のモントリオール国際ジャズ・フェスティバル2016には「オスカー・ピーターソン・アワード」という名誉ある賞があります。1989年、最初の受賞者はもちろん御本人のオスカー・ピーターソンでした。

このジャズ・フェスティバルでステージに登場したピーターソンについて、西村は「まさに巨人。体も演奏のスケールも大きな人なんですが、恥ずかしそうに小さな声で感謝を伝えている姿が印象的でした」と話していました!

この偉大なるジャズ・ピアニストの音楽とエピソードは、7月7日(木)まで続きます。お聴き逃しなく♪

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

バッハの名曲がジャズと出合ったら…(2016年05月17日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1589.html

ピアニスト奥田弦、5歳で「モーツァルトに対抗心」(2016年05月05日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/5-5.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。