ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

富士山の天然水でできた氷を使ったかき氷

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月4日放送の「じゅん散歩」(テレビ朝日系、午前09時55分~)では、東京・巣鴨を散策する特集の中で、高田純次さんが「かき氷工房・雪菓」(東京都豊島区)を訪れた。同店は都営三田線巣鴨駅から徒歩4分ほどにある、富士山天然氷にこだわったかき氷専門店。

珍しい品として紹介された「納豆きなこ」は、粉末の納豆と黒蜜をかけて頂くインパクトのあるかき氷。きな粉の様な見た目の粉末納豆と黒蜜を内側に入れ、付属の粉末納豆と黒蜜をお好み量かけて食べると、口の中でほんのりと納豆の風味を感じることができる。
粉末納豆をたっぷりとかけていただいた高田純次さんは「あー、口の中でちょっと粘るね。どんどん粘ってく」とコメントした。

季節限定メニューの、生のさくらんぼを22個使用した「さくらんぼまみれ」、生のメロンをそのままシロップにした「生メロン」は、いずれもフルーツがふんだんに使われた1品になっている。
定番メニューとして氷全体に練乳をふんだんに使い角切りのいちごとフレッシュいちごシロップが内臓された「生いちごミルク」、種子島産の安納芋を壺で焼き芋にしたものをシロップにした「安納芋」などがある。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:雪菓(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:巣鴨のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:巣鴨×カフェ・スイーツのお店一覧
ハーブが効いた「ロティサリーチキン」
スペイン料理を中心とした洋風料理

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP