ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リッピングはすべてが違法というわけではない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2012年の法改正や、2016年初めの定番リッピングソフトの終焉。DVD複製にますます風当たりが強まっています。そこで、リッピングはどこまでが合法で、どこからが違法なのかのラインをチェック。リッピングの合法と違法のラインを見極めて正しいコピー方法を身に付けましょう。

リッピングの合法ボーダーライン

「リッピング」とは、DVDやBDに記録されているデータをPCに取り込むこと。“コピーガードを解除”して、市販ソフトのDVD-Video(以下DVD)やBlu-ray Disc(以下BD)をPCにリッピングすることは違法となります。これには私的バックアップも含まれます。

しかし、DVDやBDのコピーはすべてが違法というわけではありません。コピーガードがかかっていないディスクをコピーすることは問題ないのです。また、PCで再生している映像をキャプチャすることも、コピーガードを解除していないので合法とされています。

法改正や解釈で、リッピングの合法・違法のボーダーラインは揺れています。そこで、2016年5月時点でのNG行為を見極めましょう。

リッピングは解除をしなければOK

たとえば「コピーガードのない市販DVDを買ったのでコピーして保存した」というケースはOK。コピーガードを解除しないリッピングはOK。ネットで公開などせず、自分のPCに保存するだけなら問題ありません。

ただし「著作権切れ映画の激安DVDだがコピーガードを外してリッピングした」というのはNG。プロテクトがかかっていれば、リッピングはNG。最近は500円以下の激安DVDでも増えています。著作権フリーのパブリックドメイン映画を、ネットで探して活用しましょう。

また「コピーガードのない市販ソフトをコピーして友だちに売った」はNG。市販品を複製して売れば、不正競争防止法により5年以下か500万円以下の罰金などの罰則があります。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは
動画共有サイトの違法と合法の境界線はどこ?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP