体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Intuos』パソコンで自由にお絵描き、wacomのペンタブを使えば創造力が加速する!

CR7_7198

絵を描くクリエイターなどの間で絶大な支持を受けているwacom(株式会社ワコム)のペンタブレット。世界シェア70%を誇るタブレット業界の巨人だ。レジのクレジットカードサインにもwacomのタブレット端末が使われているのはご存知だろうか。そんなwacomのラインナップから、一般人にも使いやすい入門機シリーズ『Intuos(インテュオス)』を検証!

 

そもそも「ペンタブレット」とは?

通称ペンタブ。専用ペンをボードに当てて、パソコンの中で絵が描ける。マウスより描きやすいのはもちろん、筆圧感知で描線に強弱もつけられる。メインユーザーはマンガやイラストを描くクリエイターだが、最近はタッチパネルを搭載したタブレットPCが流行っているし、スマホのお絵描き機能など楽しむうちにこの“オモチャ”に興味が湧いてくる人も多いのでは? 何を隠そう、記者も10年程前にwacomのペンタブレットでお絵描きを楽しんだ、元ライトユーザーなのである。最新のペンタブレットがどんなものか、検証してみたくて今回の取材に挑んだ!

CR7_7202

使いこなすにはある程度慣れが必要だが、使い道はいろいろ!

wacomのペンタブレットは、およそ年1回ペースでバージョンアップし、新商品が発売される。今回検証するのはもちろん最新の機種『Intuos』(small・希望小売価格 税込13,824円・2015年10月1日発売)だ。

CR7_7191

今回記者が手に取ったのは『Intuos Comic』(CTH-490/B1) だが、Intuosシリーズはダウンロード可能なアプリケーションが違うだけで、ペン入力やタッチ入力の精度に変わりはない(ただし『Intuos Draw』のみマルチタッチ機能が搭載されていない) 。記者が使ったsmallは、外形寸法210.0×169.2 ×10.7mm、重さは約290gだ。他に大サイズのmediumも存在する。

CR7_8588

『Intuos』の使い方はとても簡単。付属のDVDをパソコンのドライバに入れて、『Intuos』の使用設定を行うだけであっという間に完了する。WindowsとMac両対応。記者は、DVDドライバをUSB経由で接続したWindowsのノートパソコンを使用した。

 

誰でも直感的に扱えるだろう。マウスと同じようにペンを動かせば画面の中でカーソルが動く。

CR7_8609

ペンタブレットと画面の表示が1:1の絶対座標で対応していて、モニター上のカーソルポインターを右下に持っていきたければ、ペンタブレットの右下を押さなければならないのがマウスと勝手が違う点。最初はこれに戸惑うはずで、慣れが必要だ。

CR7_8573
1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会