ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『Intuos』パソコンで自由にお絵描き、wacomのペンタブを使えば創造力が加速する!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

絵を描くクリエイターなどの間で絶大な支持を受けているwacom(株式会社ワコム)のペンタブレット。世界シェア70%を誇るタブレット業界の巨人だ。レジのクレジットカードサインにもwacomのタブレット端末が使われているのはご存知だろうか。そんなwacomのラインナップから、一般人にも使いやすい入門機シリーズ『Intuos(インテュオス)』を検証!

 

そもそも「ペンタブレット」とは?

通称ペンタブ。専用ペンをボードに当てて、パソコンの中で絵が描ける。マウスより描きやすいのはもちろん、筆圧感知で描線に強弱もつけられる。メインユーザーはマンガやイラストを描くクリエイターだが、最近はタッチパネルを搭載したタブレットPCが流行っているし、スマホのお絵描き機能など楽しむうちにこの“オモチャ”に興味が湧いてくる人も多いのでは? 何を隠そう、記者も10年程前にwacomのペンタブレットでお絵描きを楽しんだ、元ライトユーザーなのである。最新のペンタブレットがどんなものか、検証してみたくて今回の取材に挑んだ!

使いこなすにはある程度慣れが必要だが、使い道はいろいろ!

wacomのペンタブレットは、およそ年1回ペースでバージョンアップし、新商品が発売される。今回検証するのはもちろん最新の機種『Intuos』(small・希望小売価格 税込13,824円・2015年10月1日発売)だ。

今回記者が手に取ったのは『Intuos Comic』(CTH-490/B1) だが、Intuosシリーズはダウンロード可能なアプリケーションが違うだけで、ペン入力やタッチ入力の精度に変わりはない(ただし『Intuos Draw』のみマルチタッチ機能が搭載されていない) 。記者が使ったsmallは、外形寸法210.0×169.2 ×10.7mm、重さは約290gだ。他に大サイズのmediumも存在する。

『Intuos』の使い方はとても簡単。付属のDVDをパソコンのドライバに入れて、『Intuos』の使用設定を行うだけであっという間に完了する。WindowsとMac両対応。記者は、DVDドライバをUSB経由で接続したWindowsのノートパソコンを使用した。

 

誰でも直感的に扱えるだろう。マウスと同じようにペンを動かせば画面の中でカーソルが動く。

ペンタブレットと画面の表示が1:1の絶対座標で対応していて、モニター上のカーソルポインターを右下に持っていきたければ、ペンタブレットの右下を押さなければならないのがマウスと勝手が違う点。最初はこれに戸惑うはずで、慣れが必要だ。

 

ペンは、タブレット面から5mmくらいを浮かせても動作するのが面白い。

タブレットのタッチ面はすこしザラザラしており、紙の質感に近い。これは新モデルからの特長だそう。

ペンに電池は不要で、ペン先が痛んだら本体裏の替え芯と交換することができる。

ペン軸には補助操作ボタンもついていて、ボタンを一つ押せば面倒な操作を済ませてくれる優れものだ。使わない時はペンホルダーへ。

USBポートと本体を接続するコードが邪魔ならば、オプションのワイヤレスキット(税別3,500円)を取り付けることででワイヤレス環境が出来上がる。

活用方法〜気が済むまで何度でも描き直そう!

さて、肝心の『Intuos』活用方法だが、やはり手書きだからこそ気持ちが伝わる、メッセージカード作りがとても便利。暑中お見舞いやバースデーカード。紙に描くのと違って、何度も消せる、色も塗り直せるのがデジタルならではの強みなのだ!

消しゴムがけで紙をグシャグシャにしてしまうとか、色塗りに失敗してハガキをムダにするとか……そんな心配はもう無用。

使い始めは慣れないため少しイライラするかもしれないが、慣れたら快適そのもの。紙に描くのと同じ感覚、快適な環境で手描きを楽しめる。マウスより圧倒的に描きやすいのは言うまでもない。自分のアイデアが形になっていくのは、非常にすがすがしい。あれも描きたい、これも描きたい、こういうこともしたい、と使い道が広がる。カードやシールのデザインを次々と作る。

久しぶりにペンタブレットを使いながらメッセージカードを作成していたら、ワクワクが止まらなかった。巷には可愛いデザインのカードがごまんとあるが、やはりこれだ!というデザインのものが見つかる機会はそれほど多くない。そんなときでも妥協せずに、自分の好きなデザインでカードを作り出すことができる。好きな色で、好きなキャラクターを、印刷する紙質にもこだわったりと、デザイナー気分だった。

机や服が汚れることは無いし、作品はかさばらない。これもデジタルならではの強みだ。子どものお絵かきに『Intuos』を使えば、クレヨンや絵の具で、手・部屋を汚す恐れもないし、描いた絵は劣化させることなくデータで残しておける。幼稚園~低学年の子どもへプレゼントするのに使えそうだ。

 

付属ソフトと、ランニングコストについて……

イラストを描くための『Intuos』付属のアプリケーションソフトは、本体購入後2年間は無料で使うことができるが、それ以降は年額5,000円ほどの更新料がかかる。ペイント用だけでなく写真編集用やマンガ制作用など6つのソフトを使うことができ、本格的にマンガ・イラストを描いたり、写真を編集したりするならばコスパ的には悪くないが、オーバースペック感もある。今はインターネット上で自分の用途に合ったソフトを無料ダウンロードできる時代なので、必ずしも付属ソフトを使う必要はないと記者は感じた。

記者が使った無料ソフトは「FireAlpaca」。Google検索で「お絵かきソフト 無料ダウンロード」で検索して出てきたソフトの中から適当に選んで使用したまでである。

 

 

ペンタブ、その10年間の進化について

記者が10年ほど前に使っていたwacomのペンタブレットと比べはるかに高性能になっていると感じた。たとえば当時は指でタッチする機能はついておらずペンだけで操作していたが、最新の『Intuos』には、スマートフォンのように指で操作するタッチ機能がついている。記者はいつも使っているパソコンのタッチパッドと同じ感覚で操作できた。必要なければスイッチをOFFに切り替えればよい。

これはおよそ14,000円分の価値をたしかに感じさせてくれる、大人の趣味のアイテムである。昔イラストを描くのが好きだったという人はもちろん、ハンドメイド雑貨などが好きな人もハマりそう。パソコンで創造力を発揮したい人にはぜひ手に取ってほしい商品だ。

 

関連記事リンク(外部サイト)

iPhone、iPadで、通話やメールの着信を知らせるLEDライト『myLED』がイヤホンジャック・アクセサリーで10月新登場!
『ikey』でAndroidに4パターンの便利ボタンが作れる! 押すだけで緊急連絡OK、アプリやツールも一発で起動!
『つくえりあ』はキーボードを机の上から片付けるフック  キーボードの脚を立てない人は使えるかどうか要注意
『カードホルダー付きスマホスタンド(GH-STBシリーズ)』機種を選ばず安価に機能を追加できるお手軽アイテム

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP