ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏に目指すは“ジューシーなうなじ” ケアは万全?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の朝9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「DHC BRIGHTEN UP YOUR DAYS」。毎日を健康的に、美しく過ごすためのヒントを届けるこのコーナー。7月4日(月)のオンエアでは「意外と見られている! うなじ&背中ケア」をテーマにお送りしました。

東京では暑い日が続いていますが、髪が長い女性はアップしたり、海やプールで水着になったりする季節。その前にうなじと背中のケアは大丈夫でしょうか?

「自分からは見えにくいパーツですが、意外と人からは見られている場所かもしれません」と岡田も話す“うなじと背中”のケアについて、美容研究家であり、手、うなじ、背中のパーツモデルとしても活躍されている金子エミさんにお話をうかがいました。

この日のテーマは、うなじ。うなじとはどんなパーツなのでしょうか?

「髪が長いと普段隠れていますが、ふとした時に見えて、パッと目につく所」と話す金子さん。髪を結わえた時にキレイなうなじだと、人が見てドキッとするのだとか。

「夏は暑いので見えてしまうことも多くなると思うんですね。私は“死角ゾーン”と言っているんですけど、自分から見えないところじゃないですか。ケアもしにくいので、諦めている方も多いと思うんですよね」(金子さん)

「たしかに、うなじをキレイに見せようと意識したこと、私はないですね…」と、あらためて“うなじ”について考える岡田ですが、「自分では見えにくいから、ケアしなくてもいいやではなくて、人は見ているぞ!と意識を持つことが大切ということなんですね」と納得。

自分から見えにくいパーツは手を抜いてしまいがちですが、ケアをはじめる前に、まず、どんなうなじを目指すべきかを金子さんに聞いてみました!

「私が思うキレイなうなじというのは、毛並みが整っていて襟足の形が美しいこと。あと、うなじの肌の質感とか。ジューシーな肌だと、とても素敵だと思いますね。私自身も色黒なんですが、肌の色よりも潤ったジューシーなうなじを目指してもらえたらと思いますね」

7月5日(火)のオンエアからは、具体的なうなじのケア方法、そして背中のケアについてうかがいます。ぜひ続けて聴いて「うなじ美人」を目指しましょう♪

【関連サイト】
「POU UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

嫉妬するとブスになる? マイナスの気持ちを操る方法(2016年07月01日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/07/post-1850.html

モデルのアンミカが伝授! 美人になれる“愛され所作”(2016年06月08日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/post-1725.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP