ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おめでとう1歳!工夫を凝らした離乳食とケーキではじめての誕生日パーティー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

我が家の長男は、10ヶ月のころから2、3歩ずつ歩きはじめ、1歳をむかえる前にはよちよちと歩けるようになっていました。姪からのおさがりのアンパンマンの手押し車をガタガタとおして歩いていました。離乳食の好き嫌いもあり、白米(軟飯)を食べさせるのに四苦八苦していました。手づかみで食べたり、ほしいのもはちょうだいと手を叩いたりするかわいさも増してきました。

そんな息子の誕生日は5月26日。5月のはじめから少しずつ準備をはじめました。画用紙で文字をつくり似顔絵を書いて、折り紙で輪っかをつなげて部屋飾りをたくさん作りました。 関連記事:準備も当日も楽しい♡プレゼントにケーキ、写真撮影…家族で過ごす1歳の誕生日

あとは離乳食の献立を考えました。ネットで調べてみるとかわいいご飯プレートがたくさんあり、アンパンマンやいないいないばあ、動物などたくさんあって迷ってしまい結構な時間がかかってしまいました。

悩んだ結果、朝は忙しいため軟飯でアンパンマンのおむすびまん、こむすびまんを作りました。前日に息子を寝せてからのりは切りぬいておき時間短縮。白米を食べない息子にはしらすを混ぜてアレンジしました。

お昼はアンパンマン、カレーパンマン、しょくぱんマンを食パンで切りぬき、にんじん、チーズ、のりで装飾しました。「あ、あ、あ」と好意をしめしてくれました。

夜はオムライス風ご飯、星型のハンバーグ、ゆで野菜(かわいく型どり)を作りました。食欲旺盛の息子は、朝昼晩残さず食べてくれました。

誕生日ケーキは生クリームをあげるのは抵抗があったので、幼児用のダノンで代用し上には苺をたくさんのせて作りました。手づかみで好きなようにたべさせ、さすがにお腹がいっぱいだったのか、苺が好きすぎたのかわかりませんが、上にはのっている苺だけペロリとたいらげちゃいました。口にヨーグルトをつけた息子は嬉しそうに笑って楽しそうでした。

あとは記念に、手形アートをつくり成長を残しました。これもネットでアップされていて、手形をゾウに見立て、足型はライオンに見立て作りました。毎年残したいなと思いやり始めたので、2歳の誕生日も楽しみが待っています。

プレゼントは旦那と相談して、まだプレゼント=嬉しいってのがわからないから、来年にしようということで買いませんでしたが、義理の両親からたくさんもらい、田舎なので一升餅を作ってくれました。背負って歩けず、ギャン泣きでしたがいい思い出になったのでよかったです。

こんな感じで息子の1歳の誕生日は、ハードな1日でした。 関連記事:一升餅に選び取り。大笑い&すべてに感謝の1才の誕生日

著者:2児mama

年齢:22歳

子どもの年齢:長男1歳10ヶ月 次男5ヶ月

21歳で妊娠発覚し授かり婚。22歳で長男出産し、23歳で次男出産。年子育児に奮闘中です。旦那は高校からの同級生で同じ歳です。お互いに若いながらも、核家族なので二人三脚で育児を頑張っています。育児休暇中なので2人の息子は家でみていますが、朝起きてからは1日があっという間に過ぎ、四苦八苦しながらも育児を楽しんでいます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

はりきった息子の「百日祝い」。衣装替え自由な記念写真はついつい何枚も買ってしまいます!
親だけがしてあげられることとは…?そうだ、ひいおばあちゃんに会いに行こう! byムーチョ
あっという間のハーフバースデー。お金をかけずにお家で楽しくお祝いする方法

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP