ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『デュボアプラス ボリュームアップ ブロー スタイリングブラシ UP1500』髪を豊かに見せたい女性の救世主!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「髪は女の命」…いつの時代も女性の髪への関心は高く、近年は老若問わず薄毛に悩む女性が多い。頭頂部を盛る部分ウィッグなどは、もはや薄毛隠しではなくファッションの一部となっている。世の女性が求めてやまない「髪のボリュームアップ」に特化したブラシ『デュボアプラス ボリュームアップ ブロー スタイリングブラシ UP1500』が、主にブラシを世界をマーケットに製造・販売する老舗池本刷子工業株式会社から発売された。

髪のボリュームアップ&頭皮マッサージ、静電気も防ぐコスパの良いヘアブラシ

ヘアブラシは500円くらいから数万円のものまで多種多様にある。一般的に「ナイロン毛ブラシは静電気が起きやすく髪が傷む」といわれているが『デュボアプラス ボリュームアップ ブロー スタイリングブラシ UP1500』(日本製・W60mm x H202mm x D42mm・耐熱温度 80度・希望小売価格 税込1,500円・発売中)はどうだろう。

【特長1】ナイロン毛の先端が不揃いに突出している特殊形状。これが地肌に貼りつくペタ髪を立ち上げ、ふんわりとボリュームアップさせる。

【特長2】ナイロン毛の根元に付いている「静電気除去リング」。静電気除去繊維が編み込まれたリングのコロナ放電作用で安全に静電気を防止。ブラッシングによる髪のふわつきや絡まりを防ぎ、なめらかでつややかな髪に。

【特長3】ブラシ自体にも静電気をためない「強力アース除電機能」。黒い毛と植毛ベース部は導電性樹脂製(=電気を通すプラスティック)なので帯電しにくい作り。さらに静電気除去リングと直結している金属部分に指で触れることによって人体に溜まった静電気をアース除電できる。

『デュボアプラス ボリュームアップ ブロー スタイリングブラシ UP1500』は光沢のあるチェリーレッドの発色がよく、植毛ベース部の黒とのコントラストがスタイリッシュ。持ち手は細めだがロゴ部分が滑りにくい素材になっていて持ちやすい。

「静電気が毛を成長させる毛乳頭にダメージを与えると、抜け毛が増え薄毛になってしまう」らしい。このナイロン毛ブラシは圧倒的な静電気除去機能を持つということから興味津々で試用した。

「ナイロン毛ブラシは静電気が起きやすい」という先入観を持ちながらの検証結果

ナイロン毛の特性で髪にグッと入り込み地肌がしっかりマッサージされるのが気持ちいい。血行が良くなり、痒みも治まる。頭皮の血行を良くすると顔のリフトアップ効果が期待できるので一石二鳥。中高年に限らず、女性には嬉しい副次的効果だろう。

静電気も起こらない。ブラッシング中、自然に金属部分に触れることもあるので、放電が無意識にできるしくみのようだ。耐熱温度は80℃で、ドライヤーを通常使用しながらのブローもOK。シャンプー前に使えば、汚れが落としやすくなりそう。

ブラッシング後は髪につやが出て根元がしっかりと立ち上がりボリュームアップ。生え際の産毛のような短い髪も簡単にすくい上げることができた。

 

一般的なナイロン毛ブラシは、静電気で髪がブラシにまとわりつきボサボサした感じに。『デュボアプラス ボリュームアップ ブロー スタイリングブラシ UP1500』でブラッシングすると髪につやが出てきれいにまとまる。

気になる点は「静電気除去リング」の細さ。切れることはないのだろうか。材質はナイロンとアクリル繊維なので摩耗には比較的強い。無理に引っ張らなければ耐久性はありそうだ。

ボリュームアップ、頭皮のマッサージ、水洗いでき清潔に保てるという特殊形状のナイロン毛のメリットが生きている。さらに高価な天然毛ブラシのように静電気が起こりにくい高い機能性なのに、日本製で税込1,500円はお手頃価格なのではないだろうか。

 

同社の人気ブラシ「DCB1000ダメージケアブラシ」(税込840円)はヘアカラーやブリーチで傷んだ髪をコートし、つやつやサラサラにするタイプ。比較的健康な髪ならこの『デュボアプラス ボリュームアップ ブロー スタイリングブラシ UP1500』をおすすめしたい。楽天市場マツモトキヨシなどのネットショップで購入可能。

 

関連記事リンク(外部サイト)

『ナチュラルソープ デイフィニッシュ』人間の匂いは鉱物で消えるのか!? ゼオライト・パワー体験記
『GOLD WAX』ワンデー金髪野郎になれるシャンプーで落ちるお手軽カラーワックスを実際に試してみた!
女子の身だしなみに1本持っておきたい『携帯レディースシェーバー』!フィリップスvsパナソニックを比較!
『つかめる水』夏休みの自由研究にピッタリな実験キットでつかめる水を作ってみた!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP