ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋人を家に呼びたい派、恋人の家に行きたい派の心理とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは、コラムニストの愛子です。あなたのカレは、あなたを家に招くのが好きですか?それともあなたの家に来る方が好き?ある女性から、「カレがあまり自分の家に泊まっていかないので気になる」との相談を受けました。元カレは彼女の家に入り浸りだったため、その差に戸惑っている、どうしてなのかが知りたいとのことです。そこで今回は周りのカップルから話をうかがい、恋人を家に呼びたい派、恋人の家に行きたい派の心理を分析してみました!

1.呼びたい派は「もてなすのが好き」「自分のペースを崩したくない」

「自分の家の方が落ち着くからかな。相手の家だと色々不便。 タオルの場所とか、窓を開けておくのか閉めておくのかとか、それぞれの習慣があるでしょ。日帰りなら相手の家もいいけど、一晩過ごすなら勝手が分かる自分の部屋がいい」
(20代 男性:俳優)

「私は料理を振る舞うのが好きだから、彼でも女友達でも、家に来てもらう方が好き」
(20代 女性:経理)

「汚しちゃいけないなとか、どうしても相手の家だと気を遣っちゃうんだよね。俺の家なら好きに寛いでくれればいいって思ってる」
(20代 男性:飲食関係)


人のペースに合わせるより、自分の生活に相手を巻き込むのが好きな方が多いようですね。身勝手にただ合わさせるだけではなく、おもてなし上手でもあります。気がついたらいつもその人の世界観に引き込まれている、この人といると楽しい、と思わせてくれる「人たらし」なタイプに多く見られるというのが私の見解です。

ただ、自分のペースで過ごしたい同じタイプの方同士だとぶつかることもあるかもしれませんね。そんな時はちょっとずつ歩み寄って、新たに2人の習慣を築いてみては?

2.行きたい派は「相手に合わせるのが得意」「自分だけの空間を守りたい」

「触れられたくないものとか見られたくないものとかあるし、自分の家に人を招くのは好きじゃないね。結婚して一緒に暮らすことになっても、自分の部屋は欲しいな」
(30代 男性:フォトグラファー)

「相手の家でなら、彼女の習慣に合わせるのは全く苦にならない。でも俺1人の生活を乱されるのは嫌。だからってあんまり細かいこと言うのも気が引けるし。それなら自分の生活は確保したまま、2人で過ごすときは相手の習慣に合わせる方が楽なんだよね」
(40代 男性:広告代理店)


自分の時間と相手との時間をはっきり分けたいタイプのようですね。自分だけの空間に人を入れるのが好きではないという方が多数。1人暮らし歴が長いのがこのタイプの特徴。1人の時間が長いからこのようになったのか、もともとこういう気質だから1人暮らしを続けているのかは分かりませんが・・・。

少し寂しい気もしますが、お互いがそれぞれの空間をちゃんと大切に出来るなら、良い距離感で大人なお付き合いが出来そうですね。

最後に

これらの性質はそう簡単には変わらないはずです。結婚後の生活も少し想像することが出来そうですね。どちらがいい、悪いという訳ではありませんが、自分に合うか合わないかを判断するいい材料の1つになるのではないでしょうか?

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

指3本で3秒押すだけ!ほっぺマッサージで簡単リフトアップ&笑顔美人♪
【くせ毛でお悩みの方必見!】ベテラン美容師が教える湿気対策8選
むくみ・便秘・肌トラブルもこれで改善!おすすめデトックス食材
男性に聞いた!「結婚」を意識する4つのタイミングとは
【レシピつき】ビタミンCやβ-カロテンが、ほうれん草より豊富!「豆苗」をたっぷり食べて美肌作り

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP