ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリス・エヴァンス主演の天才児を育てる映画『Gifted(原題)』、公開日が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米フォックス・サーチライト・ピクチャーズは、マーク・ウェブが監督を務めるクリス・エヴァンス主演のファミリードラマ映画『Gifted(原題)』の米劇場公開日を2017年4月12日に決定した。

ウェブ監督は、トム・フリンの脚本をもとに現在ポストプロダクションに入っている。カレン・ランダーとアンディ・コーエンが、プロデュースを手掛ける。

エヴァンスは、フロリダの海岸沿いの町で、天才的な知能を持つ姪 ─新人子役のマッケンナ・グレイスが演じる─ を育てる独身男性の役を演じる。彼は、自分の姪に普通の学校生活を送って欲しいと考えるが、手ごわい彼の母親(リンゼイ・ダンカン)が7歳になる姪の数学的能力に注目し、彼の計画を阻止しようとする。

エヴァンスは、映画『スノーピアサー』で彼の女主人であり親友役を演じたオクタヴィア・スペンサーと再び共演する。ジェニー・スレイトは、少女が通う学校の教師を演じる。姪を気遣う教師と彼の関係は密接なものになっていく。

最近エヴァンスは、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で主演を務めた。ウェブ監督は、映画『(500)日のサマー』、映画『アメイジング・スパイダーマン』、映画『アメイジング・スパイダーマン2』などの作品を手掛けた。

米フォックス・サーチライト・ピクチャーズによる『Gifted(原題)』は、米ユニバーサル・ピクチャーズによる映画『Fast 8(原題)』の2日前に公開となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP