体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【決定版】材料シンプル、レシピ簡単、自宅で作るおいしい「ナポリタン」

f:id:uralatokyo:20160515145556j:plain

多くの人から親しまれ愛されるスパゲティ「ナポリタン」。

レストランで食べるだけでなく、自宅にある身近な材料で簡単に作ることができます。

f:id:uralatokyo:20160515144723j:plain

これは湯煎するだけでOKのナポリタンソースで作ったもの。スーパーやコンビニなどでよくみかける、1人前200円前後のレトルトソースです(トッピングのパルメザンチーズ付き)。

スパゲティに絡めるとこんな感じ。味に満足できても、具のさびしさは否めません。

そして自炊派の人には、星の数ほどあると思える「ナポリタン」のレシピが、むしろネックになっています。

自分で作るのはやぶさかでないけれど、正直どのレシピで作ればおいしいのかわからない、選べない。そんな方も少なくないのではないでしょうか。私はそうでした!

そこで今回は、 材料がシンプルで 簡単に作れて そしてうまい!

をテーマに、「ナポリタン」を作ってみようじゃありませんか。

トマトもトマトピューレやペーストなどは一切使わず、赤い色はケチャップのみ

調味料は塩、コショウのみ。わざわざ買う必要がある香辛料なども一切ありません。

f:id:uralatokyo:20160515144744j:plain

具はこちら。

ナポリタンの王道、ソーセージ、玉ねぎ、ピーマン、マッシュルーム(水煮)です。

しゃれっ気を出して生マッシュルームにしたり、ピーマンをパプリカにしたり、ソーセージを厚切りベーコンにしたり、にんにくを追加したりするのは避けましょう。それは今回目指すナポリタンとは違う代物。

写真は1人前でマッシュルーム1袋(パックに入っているもの)、ピーマン1個、ソーセージ2本、玉ねぎ1/4個です。具沢山好きとしてはもっと入れたいところですが、今回は王道ナポリタンを作りたいので標準量で。

スパゲティは1.9mm、やや太めです。メーカーにはこだわりませんが、500g入り200~300円程度で売られている商品あたりが個人的にはおすすめ。安すぎるものは、スパゲティ自体の味が薄い感じがします。

では作っていきましょう。

1. スパゲッティを茹でる

f:id:uralatokyo:20160515145317j:plain

茹で汁の塩分でスパゲティに塩味を付けるため、水1.5リットル程度に対して大さじ1/2くらいの塩を入れます。厳格に測ると自炊が面倒になりそうなので、目分量だってOKです。

茹で加減は標準茹で時間マイナス30秒くらいを目安に。アルデンテの食感を楽しむ料理ではありませんが、茹で過ぎには気をつけましょう。

2. サラダ油でケチャップを炒める

f:id:uralatokyo:20160515145404j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。