ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂本龍一 映画音楽でダメ出しされるも「好感持てた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの日曜深夜0時からの番組「RADIO SAKAMOTO」。坂本龍一のナビゲートで2カ月に1度お送りしていますが、7月3日のオンエアでは、坂本が音楽を担当した映画「怒り」の制作秘話を紹介しました。

9月公開の映画「怒り」は、吉田修一さん原作の同名小説を、渡辺謙さん主演で映画化した作品です。森山未來さん、松山ケンイチさん、綾野剛さん、宮崎あおいさんなど豪華な俳優陣が顔をそろえます。

監督は「フラガール」や「悪人」で受賞歴もある李相日さんです。今回、坂本が「怒り」の音楽を担当することになったのは、李さんたっての希望だったそうです。

「この仕事を引き受けた理由は、李さんからやってほしいということで、ニューヨークにわざわざ来ていただいてですね。お会いして、志の高い、気骨のある方だなと思って。李さんの映画は、いくつかは過去に観たことがありますし、僕の長い友人の1人である村上龍の『69 sixty nine』という、とてもユーモラスな小説を映画化をした監督でもありますので、親近感は持っていたんですけど。まあ、親近感を持っていたからといって、そう簡単に引き受けるわけではないんですけど(笑)。まあ、なんでしょうね。勘ですかね、この人だったらやっていいかなという」

しかし、この仕事を引き受けるにあたり、坂本には気がかりなことがあったと言います。

「僕が『今度、李さんの音楽をやることになったよ』と親しい関係者に言うとですね、異口同音に『ああ、李さんは難しい』とか『大変ですよ』とか、そういう風に言われたんですよ」

しかし、実際に仕事をしてみると坂本も「とても気骨のある監督」と評するほど仕事に対して真面目な人だったそうです。

「たしかに、まあ、大変は大変。というのも、なかなか満足しないんですよね。『もうちょっとこうなんないか』って何度も注文してくるんですけども、それはね、当たり前ですね。いい作品を作ろうと思っている人ならば。それをしない方がおかしいわけで。そんなに大変だとは僕は思わなくて、むしろ、しつこいくらいで好感を持てました」

そして、番組では、李さんからのメッセージをお届けしました。当時、坂本とは主にメールでやりとりをしていたそうですが、先日見直してみるとその数は50通以上あり「自分でも、相当これはしつこいな」と思ったそうです(笑)。

「文面を見ながら、それに対して坂本さんがほんとにこう…粘り強く受け止めていただいてる様子がですね、赤裸々にメールにありまして(笑)。作業が快調な時は、坂本さんは絵文字も入っていたりするので、今はいいんだな、いい曲ができたんだな、と想像しながら(笑)。やっぱりその文章ですけど、かなりこう、伝えきりたいところは全て伝えきっているし、坂本さんも多分、いろんなことを飲み込んで取捨選択して、返していただいている、その誠実さは非常に強く伝わってきました」(李さん)

坂本にとっては「レヴェナント: 蘇えりし者」(2015年)以来の映画音楽になります。その点について李さんは「レヴェナントよりも、ご自分の中では前進している作品という事をおしゃっていたのが、非常にうれしくもあり、冷汗も出て、印象に残っている」と語りました。

「李さんが題材として一番描きたかったのは、人間の不信と信頼みたいな、そこから愛の形っていうのかな、そういうものは可能なのかというところに重きがあったようで。僕という作曲家は…あんまり上手いとは思えないんですよね。でも僕なりに、試行錯誤しながら作って、ダメ出し2度3度とされたんですけどね(笑)。でね、ひとつのテーマ、モチーフで、たとえば最初それが“不信”として聴こえてきて、後半になるにつれて“信頼”に転じていくとかですね、そのような事を要求されたんです」と坂本。

そして、「俳優さんたちの演技がいいんですよ。渡辺謙さん、宮崎あおいさん、妻夫木くん……なんていうのかな、自分をさらけ出したような演技をしているように、僕は感じますけども。ぜひ、映画館、劇場で観ていただけたらと思います」とも。

これは9月17日(土)からの公開が楽しみですね♪

【関連サイト】
「RADIO SAKAMOTO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/radiosakamoto/

ダンサー田中泯 坂本龍一と「身体」をテーマに哲学談義(2016年05月02日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1498.html

「レヴェナント」の音楽を担当した坂本龍一 「監督からのリクエストが膨大だった」(2016年04月26日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1459.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP