ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広島ファンの脳裏よぎる 20年前巨人メークドラマのトラウマ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広島カープは6月29日、ヤクルトに8-1と大勝し32年ぶりの11連勝を成し遂げ、貯金を16まで積み上げた。2位巨人とのゲーム差は今季最大の9(30日現在)。10連勝を決めた前日の試合のテレビ中継は、広島地区で瞬間最高視聴率46.5%を記録。優勝間違いなしの勢いに、地元は盛り上がる一方だ。

 しかし昔を知る赤ヘル党は「まだとても安心できない」(50代会社員)と、喜びどころか悲愴感を滲ませる。現在の情勢は、「20年前の悲劇と非常によく似ている」というのだ。

 20年前の1996年シーズン、広島は“悲劇のドラマ”の主人公になった。6月末の時点で首位を独走していた広島は、巨人に最大11.5ゲーム差を引っくり返されて優勝を逃した(結果は3位)。この大逆転劇を当時の巨人・長嶋茂雄監督は「メークドラマ」と名付け、その年の流行語大賞にもなった。しかし、広島ファンからすればトラウマ以外の何物でもない。

 1996年シーズンを振り返ってみると、確かに今季と符合する点が多い。1996年の広島も今年と同時期に連勝街道を突き進んでいた。6月23日から7月6日まで怒濤の9連勝。2位中日とのゲーム差は8、巨人とは11.5に広げていた。連勝中に「ある快挙」が達成されたことも共通する。

 交流戦最後のオリックス3連戦(6月17~19日)、売り出し中の若手・鈴木誠也は打ちに打ちまくった。まず17日に8号サヨナラ2ラン、18日にこれまたサヨナラとなる9号逆転3ラン、そして19日には特大の10号決勝ソロ。広島選手による3試合連続決勝ホームランは20年ぶり。1996年当時の4番・江藤智以来だった。

 それほど好調だった1996年の広島は、なぜ巨人に大逆転劇を許してしまったのか。

 まず投手陣の崩壊が大きい。6月までリーグトップの防御率3.54と安定していたが、7月以降は4.64に急降下。特に5月に4勝負けなしで月間MVPに輝いたエース・紀藤真琴が、9月に5連続KOと不振を極めたことが響いた。

 攻撃面では主砲・江藤の離脱だ。8月29日の巨人戦で、サードを守る江藤がイレギュラーバウンドを顔面に受けて眼窩底骨折。戦線を離れてしまった。

「江藤は離脱まで打率3割1分4厘、本塁打32本、79打点と文句なしの4番でした。当時は1番の緒方孝市、2番の正田耕三がつないで3番野村謙二郎、4番江藤が返し、5番金本知憲と6番ロペスがダメ押しをする得点パターン。文句なしに12球団最強の打線でした。

 今年の広島も同様に打線に厚みがある。田中広輔、菊池涼介の1、2番コンビが出塁し、3番の丸佳浩がチャンスを広げ、4番エルドレッドが生還させる。その後ろには鈴木や新井貴浩が控えている。しかし6月16日、エルドレッドが右大腿二頭筋を痛め登録抹消になった。20年前と同じ4番の離脱……、嫌な予感がしてなりません」(スポーツ紙広島番記者)

 そう考え出すと“慶事”のはずの連勝や3試合連続決勝本塁打までも“悲劇の始まり”に思えてしまうのは、ペナントから長く遠ざかっている広島ファンの性なのかもしれない。

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
V9時代 最下位争い常連の広島が「巨人殺し」と言われた理由
安仁屋宗八氏 巨人戦で1勝を挙げると査定では2勝分になった
長嶋茂雄氏 名古屋出身の巨人ファンに「ドラ応援しなきゃ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP