ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

戸塚宏氏 男児置き去り事件に「父がいい教育施していた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ドラマ「スクール☆ウォーズ」で山下真治演ずる部活教師が、ラグビー部員の頬を張る画面が涙を誘ったのは30年前。いまや熱血指導という名の下でも、体罰は「絶対悪」の時代である。ただし一方の意見のみが「正義」とされる世の中は、何がしかの窮屈な思いを抱かせる。戸塚ヨットスクール校長で、指導中に生徒が死亡したことで非難を浴びた戸塚宏氏は、今でも体罰肯定論者である。その意見に賛同することはできないが、現在の教育界の歪みを照射しているのも事実だ。ノンフィクションライターの中村計氏が訊いた。

 * * *
 おもしろい見方だった。

 北海道の男児置き去り事件について尋ねると、戸塚ヨットスクールの校長・戸塚宏は、まずはこう語り始めた。

「あの男の子は、生きていたんだよね。それは、生命力があったということ。父親がいい教育を施していた証拠。生命力をいかに大きくするか。それが教育の最大の目的だと言ってもいい」

 新宿御苑を見下ろすマンションの一室。ジャケットに身を包んだ戸塚は、「戸塚ヨットスクールを支援する会」事務局のイスに腰掛け、滔々と語った。身長159センチ、体重65キロ。猪首で短躯だが、ヨットで鍛えた首回りも、胸囲も、腰回りも、服の上からでも分厚く重みが感じられる。軽妙に聞こえがちな名古屋弁も、ずしりと響いた。75歳とはいえ、意気軒昂な様は、それこそ生命力に満ちているように映った。

 置き去り事件の話には続きがある。父親が会見で、子どもに謝罪したと語ったことについて、こう指摘した。

「あれはね、マスコミが謝らざるを得んようにしてるんじゃない。お父さんが悪いという風にしようとしとるんや。マスコミは、いい子ぶりっ子するからな。子どもは人に向かって石を投げてたわけでしょう。だから怒られた。そこは知らん顔して、父親の威厳だけを傷つけた。あれで、あの子がダメになったらどうするの。だから、マスコミは悪魔なんよ」

 二言目には、マスコミに対する不満が口をついた。

■戸塚 宏(75)戸塚ヨットスクール校長 1940年生まれ。名古屋大学工学部卒。1975年、沖縄海洋博記念「サンフランシスコ─沖縄単独横断ヨットレース」優勝。1976年、愛知県美浜町に戸塚ヨットスクールを開校。

※SAPIO2016年8月号

【関連記事】
大阪教職員に「石原氏に橋下氏諫めてもらいたい」との声出る
石原慎太郎 「子供の不良性は個性だから抑制すべきではない」
長嶋氏と松井氏の国民栄誉賞スクープしたのは現内勤の元記者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。