ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「京大3兄弟」長男 イチロー実施の反復練習は勉強でも重要

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「学校の成績に一見関係なさそうな、無駄な学びこそ重要」――「京大3兄弟」の長男で学習塾『探究学舎』講師の宝槻泰伸さんはそう言い切る。

 泰伸さんは、『とんでもオヤジの「学び革命」』(小学館)の原案協力者でもあります。同作は、3人の息子を塾も通わせずに京大に進学させた破天荒なオヤジ、翻弄される妻、そして個性豊かな3兄弟を描いた、爆笑あり、感動ありのコミックエッセイ。『女性セブン』の人気連載マンガ『ホーツキさんちのオヤジ』(2015年5月~11月)をまとめた単行本だ。

 子どもをやる気にさせ、将来、本当に役立つ知識を身につけさせるための、泰伸さんの授業が始まります。今回の質問はこちら。

――中学2年生の娘の母です。先日、娘に「お母さんは勉強しろって言うけど、どうやればいいの? 勉強のやり方がわからない」と聞かれました。どうアドバイスしたらよいでしょうか?(40代・主婦)

 * * *
 勉強はスポーツだと思って、取り組ませてください。両方とも上達のメカニズムが同じなんです。

 例えば、メジャーリーガーのイチロー選手は、プロになるために、徹底して素振りを練習しました。高校時代は毎日、10分間の素振りをしていたそうです。3年間一日も休まずに。これを反復練習といいます。基礎練習ともいいますね。

 勉強でもこの練習が重要です。実践のポイントは1つです。徹底的に繰り返してやること。100回、1000回、1万回やってください。イチロー選手が、日米通算4257安打を打つまでに、一体バットを何回振ったでしょうか。おそらく何十万、何百万回という世界でしょう。

 同じことを1万時間やり続ければ、それを極められる「1万時間の原理」という説があります。野球選手になりたかったら、野球を1万時間練習しましょう。作家になりたかったら、1万時間、本を読んで文章を書きましょう。焼き鳥店の店主になりたかったら、1万時間焼き鳥を焼きましょう。つまり、上達のためには膨大な反復が絶対必要なプロセスなんです。

 英語だったら、1つの文章を少なくとも50回は声に出して読む。数学だったら、1つの問題集を3回は解く。国語だったら、夏目漱石や朝日新聞の天声人語などの名文を書き写す。400字詰め原稿用紙に200枚以上は書いてください。

『とんでもオヤジの「学び革命」』にも出てくる三男・昌則(31才)の友達のオーハラくんは、高3のとき、国語の偏差値が5でした(平均は50)。オヤジは、彼に原稿用紙5000枚分の書き写しをやらせました。結果、浪人はしましたが、彼は志望校の京都大学に合格しました。

 ちなみにオーハラくんはサッカー経験者でリフティングなどの反復練習を黙々とやっていた人でした。

 この反復練習では、必ず自分のレベルに合った練習をしてください。中学2年生だけど、学力がそのレベルに達していなかったら、中1の問題集から始めてもまったく問題はありません。

 そうして反復練習を繰り返した後には、総合演習に臨んでください。つまり、テストですね。テストは、いい点数をとるために行うものではありません。自分のできないところ、わかっていないところを発見するための装置です。

 だから「×」がついていたら、成長のチャンスです。なぜこれは×がついてしまったのか─とことん分析してください。例えば、英語だったら「単語の意味はわかるけど、スペルがきちんと書けないことが多い」など、そこまで分析する。

 そして、再び反復練習に戻って、ある程度したら、またテストに挑戦する。これが、私のすすめる勉強のやり方です。

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
それ、わかります→お察しします、など覚えておきたい敬語
原発避難民の心を逆なでするTVの「手をよく洗って」発言
京極夏彦の新作は72歳の理屈っぽいおじいさんが主人公

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。