ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占インタビュー】石川県発の除雪アイドル『おやプリ』「ジャパン・エキスポ」初参戦へ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月7日~10日、フランス・パリで25万人を動員する世界最大規模の日本ポップカルチャーの祭典『ジャパン・エキスポ』が開催されます。

 

このLIVEイベントに北陸石川県の地元アイドルグループ【おやゆびプリンセス】(通称おやプリ)の出演が決定!

このジャパン・エキスポには、09年AKB48、12年ももいろクローバーZが出演した歴史があり、アイドルは“ここをステップにブレイクする!?”というジンクスを仄かに匂わせています。

 

地元、石川県を愛する【おやゆびプレンセス】は、2015年に初のメジャーCD『IDOL HEARTをリリース。オリコンランキングは、初登場デイリー5位、ウィークリー23位と大健闘。2014~2015東京アイドルフィスティバル出演(今年も出演決定)しています。

 

おやゆびプリンセス『IDOL HEART』MV

youtube https://www.youtube.com/watch?v=J0Wrh6J9kOQ

 

でも、AKBやももクロとは土台が違い、おやプリは活動拠点を石川県金沢市に置くローカルアイドル。失礼ながらそんな田舎のアイドルがおフランスでおLIVEってどゆこと!?なんで?どうして?の疑問が駆け巡ります。

 

とにかく気になったので、おやプリにファーストコンタクトを試みました!

 

おやプリちゃんに会ってきた!

インタビューに応えてくれたのは、リーダー宮腰愛美(みやこし まなみ=20さん。愛称“ぷにたん

「はじめまして!石川県のアイドルおやゆびプリンセスの宮腰愛美です!」

 

―― こんにちは!最初に、どんなグループか教えて下さい。

「北陸地方を活性化することを目的に、北陸初のアイドルグループとして2012年8月に結成しました。現在メンバーは練習生含む10人です!関西、名古屋、東京など、全国に足を運んでLIVEやイベントに参加したりしています」

 

―― グループ名の由来は?“除雪アイドル”というキャッチコピーも気になります。

「親指を曲げた形が石川県の能登半島に似ているところから“親指”です!」

「キャッチフレーズの“除雪アイドル”は、積もった雪を掻き開く如く“どんな難関にも立ち向かい前へ進む”という意味を込めています」

 

なんでパリへ?

今回のパリエキスポ出演は、スマートフォン向けサービス『DMM・yell』で5月に行われた企画の特典でした。

 

アイドルグループ37組の代表メンバーによる人気投票が行われ、その中で宮腰さんが、2位から約2倍の得票数を獲得してぶっちぎりの1位。おやプリが出場決定となりました。パリのLIVEにはメンバー4人が出演する予定です。

 

―― 宮腰さんが人気投票で1位になったのはどうしてだと思う?

「理由はよくわかんないですけど、数年間、全国のいろんなステージでおやプリをアピールしてきたので、それが良かったのかな?ステージでは歌も踊りもまだまだですけど、でも一生懸命やっているので「この子たち頑張ってるな~」って思ってくれたのかも知れません」

 

―― ライブに来る、お客さん達はどんなリアクションを?

「あいさつで「石川県から来たご当地アイドル」って言うと、「遠くから来たんだ~」「石川県にもアイドルあるんだ~」とか驚かれちゃって。もう、田舎っぽいところも個性にしちゃえっ!て(笑)ポジティブに考えています」

年間200以上のステージ

おやプリは、週3、4回は何らかのステージに出演しているそうです。出演する際はメンバー全員、選抜で数人、1人など編成は様々ですが、年間で約200ステージに立つとか。

 

定期的に地元で行うLIVEには、県外から足を運んでくれるファンもかなり増えているとのこと。地道な努力は確実にファン獲得へつながっているようです。


定期的にライブを行う本拠地『西金沢1丁目劇場』。場所は西金沢駅(金沢駅からひと駅)から一直線ですぐ。

 

キャパは100人に満たないけど、狭いのがファンにとっては嬉しい?!歌のLIVEはもちろん、トークイベントや撮影会など、いろいろ行われます。

―― 大変だな、辛いなって事ありますか?

「やっぱり移動ですねぇ。低予算でやってるので(苦笑)どこでも車ですから。今まで一番遠くて広島かな?8時間かかりました」

 

―― 車で長時間移動からのステージパフォーマンス!?体、疲れて壊しませんでした?

「疲れますけれど、待っていてくださる方がいると思うと元気になります!あ、でも今度、宮崎県に行くのに13時間以上かかるそうで…ドキドキしています(笑)」

 

―― でも、ももクロもそんな時代があったと聞くし?

「そう!だからももクロさんをお手本に頑張っています!大好きなんでいつか、ももクロさんと共演したいです!」(※ぷにたんは、あーりん推し。サインも真似て作ったとか(笑))

 

―― 最後にパリのステージへの意気込み、野望を教えて下さい

「おやプリのパフォーマンスを沢山の人に見ていただいて、石川県をいっぱいアピールしたいです。そして、私たちをきっかけに石川県に来て欲しいです。『Youは何しにニッポンへ』(テレビ東京)っていう番組あるじゃないですか?それでYouが「おやプリを観に来ました」(ボビー・オロゴン口調で)「おやプリって何?」「金沢へ行ってみた!」っていう流れを見てみたいです(大笑)」

 

―― ありがとうございました。フランスでのパフォーマンス、期待しています!

終始ニコニコ、ハキハキと答えてくれた宮腰さん。歌唱やダンスのレッスンが決して充実しているとはいえない環境で、できる限りのレベルアップに努めているそう。

 

インタビュー後、ポツリと言った言葉が印象的でした。

「アタシらまだまだ力ないし、やる気の基準値上げて頑張ってかなダメねん」

 

彼女達の桃源郷は遥か彼方なのでしょう。

 

抜けだせ、おやプリ!

現在、アイドルグループは全国に750以上存在するとか。皆、何かを売りにして抜け出そうと試行錯誤しているはず。


週刊東洋経済
…大注目のご当地アイドル…
Fujisan.co.jpより

 

そんな中、おやプリは奇抜な衣装やメイク、歌、異質なパフォーマンスなど、過度に奇を衒うような事はせず、どちらかといえばアイドルの王道的活動を展開しています。それなのに一目置かれる存在になったのはなぜか? 

 

答えは、LIVEを見て確かめてみてください!

 

おやゆびプリンセス

Facebook : https://www.facebook.com/oyapuri/

Twitter : おやゆびプリンセス @hokuriku_idol

Ameba BLOG:http://ameblo.jp/hip-op/

 

※公式ホームページは現在改装中

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP