ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大事な場面でいつも結果を出す「あの人のヒミツ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

重要なプレゼンやスポーツの試合など、いざ本番というときは誰だって緊張するもの。それなのに、「なぜ、あの人はいつも冷静なの?」と思うくらい落ち着きはらって、常に結果を出す人たちがいます。

ライターAMY MORIN氏がまとめた「Inc.com」の記事によると、彼らにはこんな習慣がある模様──。

01.
精神を一定に保つためなら
「NO」を恐れない

常に健全な精神を維持するため、身の回りのことに線引きをする。周囲が落胆することがあろうと「NO」と伝えることができるのです。

02.
周囲の環境に興味なし

自分を邪魔したり操ろうとする有害な人がいます。しかし、そんな彼らに振り回されないのはもちろん、非難することもありません。

03. 
少しの痛みには
耐える覚悟がある

軽い痛みなど、まったく恐れません。足がひどく疲れていようと走り続け、簡単に満足することを良しとしない。困難な状況でも、自分を律する訓練をしています。

04.
「自分の範疇」にのみ
注力する

物事を自分でコントロールすることにより、生産的かつ効果的な状態でいることができます。起こるか分からないことを心配してエネルギーを使うより、何かあったときに最良の状態で対処できるよう常に準備を怠りません。

05.
ポジティブなことに
着目する

負担がかかるネガティブなことよりも、ポジティブなことに目を向けて感謝すれば、人生を正しく見極めることができます。メンタルの強い人は自らの選択によって輝いている。普段の行いや心の持ちよう次第で物事は大きく変わるのです。

06.
精神的なエネルギーは
賢く使う

自分の力では変えることのできない物事を批判したり、もう過ぎ去ったことを後悔したりする。こんな無駄なことではなく、もっと生産的なことにエネルギーを使います。

07.
過去を悔やむのではなく、
過去から学ぶ

過去と向き合い、学ぶ。決して落ち込むことはありません。失敗から何が得られるかを考えるのです。

起こってしまったことは、きちんと責任をとる。事実を受け入れ、生産的な方法で前に進むことを選択します。

08.
自分の意志を明確に

自分が信じているもの、優先すべきものがはっきりしていることも、メンタルが強い人の特徴。

09.
自分なりに
「成功」を定義している

他人の成功をねたむよりも、一緒に喜びます。自分以外の成功によって、自身の成功の可能性が下がるようなことはないと理解しているからです。

10.
逆境=チャンス

メンタルの強い人は、逆境でさえ強くなれるチャンスだと捉えています。目の前にある壁を乗り越え、追い風を呼び込むことで自信が増大することに。

11.
ひとりの時間を捻出する

日記を書く、瞑想をする、ただ静かに座って自分と向き合うなど、幸せに暮らすためには必要不可欠な時間であると理解しています。

12.
自分の人生に
100%責任を持つ

チャンスは自分自身で生み出す。周りが自分に何かをしてくれるまで待ち、時間を潰すようなことはしません。

13. 
あらゆるリスクを
考慮する

メンタルが強い人は、自分の気持ちを論理的、客観的に理解しバランスをとります。そうすることによって、直面しうるリスクを頭に入れることが可能に。

ちなみにAMY MORIN氏は、メンタルに関する著書『メンタルが強い人がやめた13の習慣』を発売中。詳しくはこちら

Licensed material used with permission by AMY MORIN

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。