体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Ericsson、2011年のXperia向けAndroid 2.3.4アップデートのグローバル展開開始を発表

Sony Ericssonが9月下旬より北欧地域モデルに配信を開始したAndroid 2.3.4へのアップデートについて、配信地域を拡大し、北欧以外のモデルへの配信も開始したと10月28日に発表しました。北欧モデルへのリリース以降、そのアップデートに対する追加変更が行われたそうです。当時配信されていたのが「4.0.1.A.~~」ビルドで、最近より「4.0.2.A.~~」ビルドのソフトウェアの配信が確認されていることから、現行最新バージョンは「4.0.2.A.~~」ビルドと思われます。また、今回のアップデートもブートローダーをアンロックした端末でも取得できるそうです。発表されている配信の対象は、 Xperia arc、Xperia PLAY、Xperia neo、Xperia mini、Xperia mini pro、Xperia pro、Xperia ray、Xperia active、Xperia neo V、Xperia arc S、Live with Walkmam。主な変更は、 フロントカメラ搭載端末のみGoogle Talkのビデオ通話機能 ”Facebook inside Xperia”がバージョンアップ 3Dスイングパノラマをサポート(Xperia PLAYは除く) HD動画撮影機能をサポート(Xperia PLAYのみ) 16倍デジタルズームをサポート。 T9トレース入力をサポート。 DLNAアプリのバージョンアップ スクリーンショット機能をサポート。 USB-OTG(USBキーボードやマウス、ゲームコントローラーが使える)をサポート。Source : Sony Ericsson


(juggly.cn)記事関連リンク
LG Optimus 2X(P990)はAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)にバージョンアップされない??
Galaxy S II、Galaxy Note、Honeycomb搭載Galaxy Tabは2012年Q2よりAndroid 4.0にバージョンアップされる予定とイタリアのSamsungが話したらしい
Archos、欧州でAndroidを搭載した小型AV端末「Archos 35 Home Connect」を発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。