ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶対食べたい!岡山の絶品ご当地グルメおすすめ4選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今回は、編集部おすすめの岡山の絶品ご当地グルメをご紹介しちゃいます♪岡山が誇るブランド牛「千屋牛(ちやぎゅう)」は肥育頭数が少ないため、地元でなければ味わえないんです!

そんな千屋牛が味わえるレストランや、ご当地グルメでおなじみのひるぜん焼きそば、ひるぜんジャージー牛乳をたっぷり使用したスイーツ、温泉&千屋牛が味わえるスポットなど、岡山の魅力たっぷりのお店が盛りだくさん♪

次の休みに少し足をのばして出かけてみませんか?

●千屋牛とは

肥育頭数が少ないため、地元でなければ味わえない千屋牛。柔らかい赤身とキメの細かい霜降りは、鍋やステーキ、焼き肉などどんな料理にも合う。

1.新見千屋温泉 いぶきの里【新見エリア】

千屋牛+温泉=幸せ!

千屋牛焼肉と千屋牛すじ釜飯に、新見の旬の味覚がセットになった千屋満足会席パック(要予約)

お手頃の千屋牛焼き肉御膳(2200円)

温泉入浴+千屋牛会席がセットになった、開業20周年記念の春夏プランが一番人気。千屋牛の焼き肉に千屋牛すじ釜飯もつき、ランチがより贅沢に! 新見千屋温泉 いぶきの里

TEL/0867-77-2020

住所/岡山県新見市千屋花見1336-5

営業時間/レストラン11時~21時(LO20時)

定休日/なし

料金/千屋満足会席パック5500円(ドリンク1本付※要予約)

アクセス/車:中国道新見ICより35分

駐車場/1000台(無料)

「新見千屋温泉 いぶきの里」の詳細はこちら

2.焼肉レストラン千屋牛【新見エリア】

JA直営だから安くてうまい。

A4~A5ランクのヒレ・ロース・カルビを使った千屋牛セット(4~5人前。8500円)

直営牧場から仕入れたA5ランクの千屋牛を、地元産の米&新鮮野菜と一緒に食べよう。焼き肉・ステーキ・牛丼と、メニューのバラエティも豊富だ。 焼肉レストラン千屋牛

TEL/0867-72-6605

住所/岡山県新見市正田397-2

営業時間/11時~21時(LO21時)

定休日/火

料金/千屋牛セット8500円、千屋牛ロース焼肉定食1600円

アクセス/車:中国道新見ICより15分

駐車場/あり(無料)

「焼肉レストラン千屋牛」の詳細はこちら

●ひるぜん焼きそばとは

甘辛&濃厚な味噌ダレが特徴の、蒜山高原ならではのご当地焼そば。タレに負けない味の濃い鶏肉と、甘いキャベツを具材に、鉄板で焼き上げる。

3.蒜山本格手打ちうどんやす坊【湯原温泉エリア】

うどん専門店の新境地。

秘伝の味噌ダレが鶏肉とキャベツにも合う!

おでん味噌をベースにした味噌ダレで仕上げた焼そばに、半熟卵がとろりとからむ。鉄鍋で食べるので、最後までアツアツのままいただける。 蒜山本格手打ちうどんやす坊

TEL/0867-66-4477

住所/岡山県真庭市蒜山湯船8-19

営業時間/11時~15時

定休日/木(祝日は営業)

料金/ひるぜん焼そば750円

アクセス/車:米子道蒜山ICより5分

駐車場/9台(無料)

「蒜山本格手打ちうどんやす坊」の詳細はこちら

●ひるぜんジャージー牛乳とは

カロテンを豊富に含む牧草を食べて育ったジャージー牛のミルクは、ほんのり黄色を帯びている。香りも甘みも強い濃厚な牛乳は、まさにプレミアム。

4.ひるぜんジャージーランド【湯原温泉エリア】

濃厚&クリーミースイーツ。

しっとり生地で濃厚生クリームを巻いたロールケーキ(310円)

乳脂肪たっぷりのジャージープレミアムソフトクリーム(360円)

蒜山酪農こだわりの自然の甘さを生かした手作りスイーツは、ロールケーキ、レアチーズケーキが人気のツートップ。上品な味わいが、くせになりそう。 ひるぜんジャージーランド

TEL/0867-66-7011

住所/岡山県真庭市蒜山中福田956-222

営業時間/9時~17時

定休日/なし

料金/ロールケーキ310円、ジャージープレミアムソフトクリーム360円

アクセス/車:米子道蒜山ICより10分

駐車場/300台(無料)

「ひるぜんジャージーランド」の詳細はこちら

※この記事は2016年5月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

箱根でデートなら!定番&最新 胸キュンスポットTOP20
おしゃれ土産にグルメ…。神戸市内で訪れたい!おすすめスポット9【兵庫】
【復興支援】とっても甘い♪名物メロンをゲット!菊池の道の駅と周辺おすすめスポット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP