ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アウトレットのブランド品は買取してもらえないって本当?

  • ガジェット通信を≫

アウトレットは買取してもらえないの?


photo by slgckgc

手頃な価格で一流ブランドの商品が手に入ることから、アウトレット品はネットショッピングやオークションサイトでも人気です。
ところが、アウトレットで購入した商品は、ブランドリサイクルのお店で買取を断られることもあり、「アウトレットって偽物のこと?」と勘違いしている人も多いんです。

果たして、あなたは「アウトレット品」について、正しく認識していますか?
ここでは、アウトレット品についての知識と、アウトレット品買取を成功させるコツ、買取してもらえるショップなどを紹介していきます。

アウトレット品についての定義

アウトレット品は基本的に本物です

アウトレット品とは、わかりやすく言えば、スーパーなどで売られている「おつとめ品」。例えば、少々形が崩れてしまった野菜や、キズがついてしまったフルーツとかと同じ。商品に少々ダメージがあるため、正規の商品よりも少しお得に購入できる商品を「アウトレット品」といいます。
輸送中にキズや汚れがついてしまった商品
シーズン遅れの型落ち品
廃盤モデル
店頭のサンプル品

アウトレット品として売られているのは、このような商品です。最近では、大型のアウトレットモールが続々と誕生して、百貨店などに入っている正規店よりも安い価格でブランド品が手に入るようになりました。
アウトレットモールに入っているお店はブランド直営店ですから、販売されているバッグや財布などが偽物ということはありません。ですから、本物のブランド品を安心して安く購入することができます。

しかし、ネットショップやオークションで「アウトレット」と書かれている商品については、残念ながら偽物ということも少なくありません。騙されて偽物を掴まされるのは絶対にイヤ!というなら、正規店か直営のアウトレットショップで購入することをおすすめします。

ブランドごとの取り扱い

アウトレットは「おつとめ品」で、お得な価格でブランド品が購入できる言いましたが、全てのブランドがアウトレットを扱っているわけではありません。

有名なラグジュアリーブランドで例をあげると、COACH(コーチ)・ PRADA(プラダ)・ GUCCI(グッチ)・BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)などは、アウトレットで型落ち商品などを安く購入することができます。
対して、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) ・CHANEL(シャネル) ・HERMES(エルメス)などでは、アウトレット品の取り扱いはありません。

アウトレット品の見分け方

アウトレット品か正規品かを見分けるには、バッグや財布の中に縫い付けられているブランドネームが刻印されたタグを見てみましょう。

グッチやコーチの場合は、革のネームタグに“G”“○”“◎”といった刻印が入っていたり、小さな穴が開けられていることがあります。ただし、これらは製造過程で付けられた印なので、型落ちで正規店から流れてきたアウトレット品については、何も印がないというものもあります。

アウトレット品取り扱いの買取店紹介

大黒屋

1981年にチケット売買業として1号店を開店して以来、今やブランド品買取の代名詞的な存在になった大黒屋。全国に200店舗以上の実店舗を展開し、取り扱う商品のジャンルは数えきれません。
海外にも流通ネットワークを展開して、ネット相場・海外の取引相場・各店舗のデータなど総合的に判断。ネットだけに特化しない運営方法が高価買取に繋がる強みです。100人以上の査定員が在籍し、その場で判断できない品物は、各専門査定員と連携して適正な査定額を提示してもらえます。

ブランドアイ

ブランド品の中でも、アウトレット品の買取を断られることが多いコーチのバッグ・財布なども高額査定が期待できる買取店です。オークション出品代行も行っているので、少しでも高く売りたいなら、利用してみる価値ありです。
買取方法は、大阪なんばの店頭買取、関西一円の出張買取、全国対応の宅配買取の3通りです。出張買取を利用したいけど、女性の一人暮らしで不安という方には、自宅以外の場所を指定してもOK、希望があれば女性スタッフを同行することも可能です。

ブランディア

テレビCMでお馴染みのブランディアは、申し込みから買取成立まで最短3日という対応の早さが強み。宅配キットを使って送るだけ、送料・査定料・振込手数料はもちろん、キャンセル料や返品送料も全て無料。自己負担額0円で査定が受けられるのも魅力です。
一流ブランドだけでなく、6000種以上もの幅広いブランド取り扱いで、捨てるしかないと買取をあきらめたマイナーブランドの品も、再チャレンジしてみましょう!
破損や劣化の激しいバッグ、ブランドタグのない服など、リユースが難しい商品の買取はできません。

アウトレット品を高く売るコツ


申告する

アウトレットモールなどで購入したブランド品であれば確実に本物ですから、そのまま査定を受けても問題はありません。しかし、もともと型落ち・キズありというのが前提なので、正規品のような高額査定は期待できません。

アウトレット品は、高級ブランドの品物を安く購入できることから、商品状態がよほどひどくなければリサイクルショップでも人気があります。査定価格としてはあまり影響がないかもしれませんが、先に申告することで、ムダに叩かれるという嫌な思いをしないで済みますよ。

付属品

正規のブランドショップで購入すると、ギャランティカードや保存袋、保証書などの付属品がついてきます。しかし、アウトレット品の場合、購入時から付属品がないという場合があります。

ブランド品の高額査定には、付属品の有無が大きなプラス査定に繋がりますが、付属品がなければ、アウトレットで購入したということを伝えれば、業者側も査定がしやすくなります。
ブランド専門の買取店では、付属品がなければ買取不可というお店もありますので、業者を選ぶ時には、付属品なしでも買取可能なお店を選びましょう。

まとめ

日本では、アウトレット品=偽物という認識を持っている人も多く、買取を断られることも少なくありません。
しかし、お得な価格で一流のブランド品が持てて、中古なら更にお買い得ということで、アウトレット品の中古を狙っている人もいるんです。

ブランド品は、正規店購入でなければ買取できないというショップもありますが、実は店頭やネットショップでも人気。アウトレットで購入した非正規品だからと、諦める必要はありませんよ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。