ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こんなにきれいだったんだ・・・「梅雨」の魅力に気づかせてくれる写真9選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。

でも、「雨の日にしか撮れない写真がある」のもこれまた事実。ここでは、日本人フォトグラファーの鈴木秀総さんが切り取った、梅雨の日本の美しさを堪能してみてください。

01.

02.

03.

04.

05.

06.

07.

08.

09.

お寺の神秘的なアジサイや、荘厳な那智の滝、まるで絵画のような透明度の高い池。とかく鬱陶しい季節だと言われがちな「梅雨」ですが、そこには日本特有のあじわい深さがありますね。

旅行先で雨に打たれた時はガッカリするかもしれませんが、ちょっと目線を変えるだけで、今までにはない美しい風景が切りとれるのかもしれません。

National Geographic」や「MY MODERN MET」など、海外メディアでも活躍する、フォトグラファーの鈴木さん。彼のFacebookInstagramもチェックしてみては?

Licensed material used with permission by 鈴木秀総

関連記事リンク(外部サイト)

雨の日が待ち遠しくなる「特別なアンブレラ」
梅雨だからこそ「あえて読書」が、意外と良いことずくめなんだって

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP