ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日産モコを買取してもらうなら今!モコの気になる買取価格は?

  • ガジェット通信を≫

モコの買取価格を5社徹底比較


日産の人気の軽自動車「モコ」。軽自動車は中古自動車界でも需要が高く、さらに日産のモコはデザイン性の可愛さもあり女性に人気の軽自動車です。ですがこのモコはMRワゴンの製造が終了することに伴い、モコの製造も終了することが発表されました。2016年の内にはモコは日産の車の荊尾具から姿を消してしまいます。もしモコをお持ちで売却を考えている場合、どうせなら一番高く買取してもらえる店舗がいいですよね?
今回はモコの買取価格を徹底紹介していきます。買取をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

中古車買取大手5社のモコの買取価格を紹介

株式会社ビッグモーター

2011年式、走行距離5001~10000キロ未満、買取価格は55万円(2015年4月査定)
2009年式、走行距離25000~30000キロ未満 買取査定額は47万円(2015年8月査定)
2006年式、走行距離35000~40000キロ未満 買取査定額は35万円(2015年6月査定)

株式会社ASTYPLUS

2009年式、走行距離25000~30000キロ未満 買取査定額は47万円(2015年8月査定)

カーチス

2010年式、走行距離55000~60000キロ未満 買取査定額は25万円(2015年7月査定)
2010年式、走行距離25000~30000キロ未満 買取査定額は40万円(2014年10月査定)
2014年式、走行距離10000~15000キロ未満 買取査定額は60万円(2014年11月査定)

ガリバー

2010年式、走行距離55000~60000キロ未満 買取査定額は20万円(2015年6月査定)
2006年式、走行距離65000~70000キロ未満 買取金額は23万円(2015年7月査定)
2006年式、走行距離25000~30000キロ未満 買取金額は38万円(2015年2月査定)

ユーポス

2006年式、走行距離35000~40000キロ未満 買取査定額は35万円(2015年3月査定)
2014年式、走行距離0~5000キロ未満 買取査定額は81万円(2014年11月査定)

モコの査定基準


年式

モコはこれまでマイナーチェンジを3回繰り返しています。デザインも変わっているものが多く、その年式によって人気のモデルなどがあります。もちろん年式が古くなれば古くなるほど価格は低くなる傾向にはありますが、モノによっては需要が高ければ高値で取引されるものもあります。

車体のカラー

モコは色々なカラーで発売されています。中でも人気になるのがイメージモデルで販売されていたカラーです。カタログのメインでのっている車のカラーは高くなる場合があります。その他では黒やブラウンといった人気カラーが買取価格が高くなる傾向にあります。車の色は意外と重要なポイントなのです。

走行距離

走行距離は買取価格に大きく関係してきます。中でも10万キロを超している古いモデルであれば価格が低くなる、もしくは買取価格がつかない場合もあります。走行距離が少ない状態が車が高く売れるポイントでもあります。

高く売る方法


数社に見積もり依頼をする

車を高く売るのであれば、一つだけの会社に買取を依頼するのではなく、無料見積もりオンラインなどを利用して数社で買取価格を比較することが大切です。買取業者によっては30万円近くも差が出る場合もありますので、必ずいくつかの店舗で査定してもらうようにしましょう。

車はできるだけ匂いのない状態で

普段から使用している場合、車の匂いには気づきにくくなってしまうのですが、車の匂いというのは人によっては不快感を与えてしまうものです。タバコやきつい香りの芳香剤、ペット集、香水などの臭いはできるだけ取り除くようにしておきましょう。
またタバコは匂い以外にも車の汚れの元となってしまいますので、車に乗る時は禁煙することをおすすめします。

傷やへこみは修理に出さずにそのままで

車の傷やへこみは減額の対象となりますが、買取してもらう前にわざわざ修理をしておく必要はありません。傷やへこみの修理には大きな費用がかかる場合がありますので、売る予定がある場合はそのまま出したほうが減額はされてしまいますがお得になる事の方が多いです。

車検を出さずに売る

車を売る時には車検を機会にして売る方も多いです。実はこれ正解なのです。車検はあまり査定には大きく影響しません。車検の費用は高くかかる事もありますので、車検が近い時はそのまま買取してもらいましょう。

オプションがついている車は高く売れる

メーカーのオプションがついている車、例えばカーナビやバックモニター、テレビ、エアロなどがついている場合は高額査定をしてもらえることが多いです。特にメーカーの純正品の場合はプラス査定することがほとんどです。

事故車であることはちゃんと報告する

車が事故車である場合はしっかりと報告しましょう。査定する人は事故車であることを申告されていなくても見抜くことができますが、事前に申告しておくことで査定側に好印象を与えることができます。

買取の流れと必要書類


オプションがついている車は高く売れる

インターネットなどを使って複数の会社にオンラインで見積もりをしてもらいましょう。その買取価格から自分がうる店舗を選定していきます。

②業者に申し込み

業者に申し込みを行うと担当者から連絡が入ります。

③本査定を行う

本査定をしてもらいます。そこで本決まりの査定額が表示されその査定額に納得がいけば買取決定です。この時には必要な書類がありますので事前に用意しておきましょう。

事前に用意しておかなければいけない書類/h3>
○自動車検査証
○印鑑登録証明書(発行後1カ月以内のもの)
○自賠責保険証明書
○実印
○自動車納税証明書
○住民票(住所変更がある場合)

まとめ

車の買取は買取業者によって大きく差が出てきます。ですから買取してもらうためにはいくつかの買取業者に見積もり査定をしてもらいましょう。どうせ売るのであれば高く売れる方がお得です。業者の情報などを調べた上で納得できる買取査定額の業者を選んでくださいね。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP