体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さかいゆう、全国ツアーファイナルにて年末のSPライブ開催を発表

さかいゆうの最新アルバム『4YU』を引っ提げた全国ツアー「さかいゆうTOUR2016 “4YU”」が7月3日(日)、東京・昭和女子大学人見記念講堂にてファイナルを迎えた。
7月3日@昭和女子大学・人見記念講堂 (okmusic UP's)
厳かな雰囲気の人見記念講堂に、このツアーのために作られたオープニングSEが鳴り響く中、バンドメンバーとさかいが颯爽と登場。バンドメンバーは、Bass種子田健、Guitar 柴山哲郎、Drums 望月敬史、Keyboard Pochi、Chorus 吉岡悠歩、高宮マキという盤石な面子だ。SEに合わせたジャムセッションと繋がる形で、『4YU』のオープニングトラックでもある「SO RUN」のイントロが爆発する形でライブはスタート。ハイとローの歌声を自在に操るさかいのヴォーカルと、バンド全体から生まれるビートが、会場のボルテージに一気に火を点け、さかいゆうにしか出来ないライブがこれから始まるという事を、1曲目から高々に宣言するオープニングとなった。間髪いれず、森雪之丞が作詞した「トウキョーSOUL」でムーディーな大人の雰囲気を作り出した後、「ツアーファイナル! どいつもこいつも叫べー!!」という雄たけびと共に、J-WAVE 冬のキャンペーンソング「Doki Doki」へ。昨年冬にJ-WAVEにて大量OAされた人気曲だが、このツアーがライブ初披露となった事もあり、抜群の盛り上がりを見せた。

続けて、EPとしても発売された「サマーアゲイン」へ。この日の東京都心は35度を記録した今年最初の猛暑日だったが、柴山のカッティングギターで暑さを吹き飛ばすような演奏をみせつけた。間奏途中でマイケル・ジャクソン「ROCK WITH YOU」がインサートされた事も、会場からは驚きの声があがっていた。そして、この日最初のMCへ。「ここ三軒茶屋には昔から行きつけのカレー屋があります。店主に、今日は20人もライブに来てくれたよ!というような会話をしていたんですが、今日の人見記念講堂は2000人…完売御礼です!」と昔のエピソードを交えながら、嬉しさを爆発させた。MCの後は、「愛は急がず-Oh Girl-」へ。独特の突き抜けたこの楽曲の楽しさは、西寺郷太の作詞によるものだ。

「下剋情緒」、「あるギタリストの恋」といったアルバム収録曲をしっかり聞かせた後は、アコースティックコーナーへ。さかいが以前からファンであり、今ツアーが初参加となったコーラス高宮マキを迎え、人気曲「Life is」を披露。ごまかしの利かない最小限なサウンドの中、芯が強く深く、それでいて優しく繊細な二人の声が、身体の奥深くまで沁み渡った。続けて、「薔薇とローズ」へ。タイトルの“ローズ”が、ピアノの名機Fender Rhodesからもじられた、さかいの代表曲だ。これまでバンドで演奏される事の多かった曲だが、この日はRhodesの音色のみで演奏される事によって、新鮮な響きをみせていた。

「さかい、自分の曲ばかり歌うんじゃないよ!と思ってる方もいると思うので…」という自嘲的なMCで笑いをとった後は、カバーコーナーへ。「今夜はブギーバック (NICE VOCAL)」のイントロが鳴らされると、客席は自然と総立ちに。インディーズ時代からカバーしている名カバーなだけに、会場のボルテージも一気にあがる。続けて高知民謡カバー「よさこい鳴子踊り」が演奏された。今年元日放送のNHKの特番で披露された曲だが、民謡をここまでビートに乗せ、ブラックに、そしてダンサブルに仕上げてしまう所に、さかいのミュージシャン魂と力量が垣間見える仕上がりだ。このパートで披露されたカバー全曲は、『4YU』の初回限定盤のカバーCD「さかいゆうCOVER COLLECTION」にも収録されているので、チェックしてほしい。

その後、アルバム収録曲「SELFISH JUSTICE」のあと「愛は微熱」へ。不思議な色気と哀愁に溢れるアコギと、キャッチーで男女の核心をついた歌詞が混ざり合った『4YU』の隠れた名曲だ。本編最後を飾ったのは新曲「再燃SHOW」。さかいにしては珍しい4つ打ちのリズムに、“Start Again Start Again”と歌うサビが高揚感を生み出し、新たなさかいゆうを見せてくれる曲だ。

アンコールに応えて再登場した後は、幻想的な雰囲気の中、Prince「Purple Rain」のカバーへ。さかいと、コーラスの2人が交互に力強く感情的に歌いあげる。圧倒的なヴォーカルとハーモニー、柴山の超絶ギターソロ。そのどれもが “1級品”と言えるのは誰の目にも明らかで、曲中何度も拍手と歓声が沸き起こった事が実に印象深かった。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会