ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽評論家・平山雄一氏がJ-POPのスタート地点を語る「弱虫のロック論 番外編 2」7/27開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

70年代J-POPのアナログレコードを聴きながら、当時のエピソードを紹介するイベント、平山雄一の『弱虫のロック論 番外編 2』が、7月27日にディスクユニオンdues新宿で開催される。

去る5月24日にディスクユニオンdues新宿で開催された、初回の『弱虫のロック論 番外編』では、現在も様々な角度から評論活動を展開している平山雄一氏が、J-POPの始まった70年代に登場したユーミンや近田春夫などユニークなアーティストの知られざるエピソードを紹介。今回は「山下達郎のグルーヴ教育」「スーパーバンド『マライヤ』」「エコーの魔術師 『井上陽水』」、「シーナ&ロケッツは生きている」「隠れた実力者『小坂忠』」などをお題にトークイベントを行う。

関連記事:第135回「Musicman’s RELAY」音楽評論家 平山 雄一 氏 インタビュー

<『弱虫のロック論 番外編』によせて>
このところアナログレコードが注目を集めています。
そのサウンドは懐かしくもありますが、まったく古びてはいません。
ミリオンセールスなど夢の夢だった時代のレコードを聴いていると、
ビッグアーティストたちの若い頃の様子や、ちょっと面白い裏話を思い出します。
隠れた名盤も紹介しながら、J-POPのスタート地点へ一緒にタイムスリップしてみませんか?

イベント詳細
平山雄一の『弱虫のロック論 番外編 2』
日程:7月27日(火)
時間:OPEN 19:00 / START 19:30
場所:ディスクユニオンdues新宿
チケット料金:税込 2,000円
※各クラス限定30名(先着順)
イベント詳細:http://blog-shinjuku-jp.diskunion.net/Category/2/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP