ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤマハのグランドピアノは安心の買取システムで査定に期待!

  • ガジェット通信を≫

日本が誇るYAMAHA(ヤマハ)ピアノ


photo by Yasuhiko Ito

一般的に「ピアノ」といえば、2つの種類があります。一つは、ホテルのロビーなどに置いてある大きなグランドピアノ。もう一つは、一般家庭などでも良く見かけるアップライトピアノです。ピアノは、かつて女の子の憧れの習い事でした。親子で受け継いたピアノを、大切にメンテナンスして今も現役で使っている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、引越しや子どもの独立をきっかけにピアノを処分しようと考えている人のために、ピアノ買取に関する情報を紹介します。

日本のピアノの歴史


上流階級に好まれたピアノ

日本で、最初にピアノブームが起きたのは明治時代。鎖国が終わってヨーロッパ文化が大量に流れ込んで来た、ちょうど鹿鳴館ができた頃です。海外に留学して本格的なピアノ文化を受けた人たちが、帰国後に上流階級の女性たちの間で演奏することがブームになったのが始まりでした。明治12年、本格的な音楽教育がスタートしたものの、海外から運んでくるピアノは、当時かなり貴重で高価な楽器でした。

その頃、どうしても日本人の手でピアノを作ろうとする人物がいました。西川虎吉という、名匠と呼ばれるほどの腕前を持つ三味線づくりの職人です。

国産1号は認められず

虎吉は、最初にピアノの20分の1というコストで製造できる純国産のオルガンを完成させ、その後にピアノ製作への挑戦が始まりました。明治23年に開催された博覧会に、オルガンとピアノを出品して大きな注目を浴びましたが、主要部品などの多くを輸入品に頼っていたため、国産ピアノの第1号としては認められませんでした。

純国産のグランドピアノの製造を成功させたのは明治33年、初めてのオルガン製作から30年近い年月が経っています。虎吉の手によって発展した日本のピアノ文化は、その後、本格的なピアノブームに突入することになりました。

YAMAHAの始まり


日本の三大ピアノメーカー

今の日本で国産ピアノといえば、「ヤマハ」と「カワイ」を思い浮かべる人が多いでしょう。輸入部品が多く、国産第一号と認められなかった西川虎吉が作成したピアノのあと、正式に国産第一号として認められたのは、現在のヤマハの前身である山葉寅楠が創業した「日本楽器」が作ったものでした。

日本のピアノブームは、「西川風琴製造所」「日本楽器」、西川から独立した松本新吉が創立した「松本楽器」の3つの国産ピアノメーカーによる激戦が繰り広げられ、たった10年の間で9倍もの成長を遂げることになりました。

ヤマハの一人勝ち

3社によって競争が繰り広げられる中、明治天皇の崩御によって歌曲が禁止となったため、ピアノ業界は大きなダメージを受けることになりました。更に、関東大震災の影響によって、西川風琴製造所と松本楽器が衰退。日本楽器の山葉は、かわいがっていた弟子の河合小市たちとともに経営面の土台を固め、西川を吸収合併して日本最大のピアノメーカーへと発展しました。

現在のヤマハは、学校の音楽教育に使用するハーモニカ、リコーダーなどの製造販売もあり、世界でも珍しい総合楽器メーカーです。ピアノでは世界シェアナンバー1を誇り、まさしく「世界のヤマハ」と言われるまでに成長しました。

ヤマハ グランドピアノの買取価格一例

A1系   30~35万円
C1系   38~40万円
C2系   43~58万円
C3系   10~65万円
C5系   38~65万円
C7 系  15~70万円
G1系   30~35万円
G2系   5~40万円
G3系   3~38万円
G5系   3~40万円
G7系   3万円~

ヤマハピアノ 買取店紹介

ヤマハピアノサービス

ピアノは、木材など多くの天然素材を使用して作られています。ヤマハでは、環境保護の観点から、使わなくなったヤマハのピアノをヤマハの技術者の手で再生して、世界中の子どもたちのところへ届けます。
ヤマハ株式会社100%出資のピアノ買取会社なので、思い出のつまった大切なピアノがどうやって扱われるか不安という人も、「ヤマハのピアノをヤマハに返す」というコンセプトで安心。買取対応は、アップライトピアノとグランドピアノのみ、電子ピアノ・キーボード・エレクトーンは対象外です。

タケモトピアノ

「ピアノ売ってちょーだーい!」のフレーズは、誰でも一度くらいは耳にしたことがあるはず。ネームバリューの強みから、日本国内のピアノ買取業者の中では実績だんとつTOP。独自開発の修理用機械と経験豊富な技術者の手によって、多少のキズや汚れも修理が可能。売りたいピアノの状態が気になる人も、高額査定が期待できます。
買取・修理・販売・海外出荷まで全て自社で運営しているので、中間コストをかけず、運搬費用の別途請求もありません。
買取を依頼する際には、電話かインターネットから。事前に、ブランド・機種名・製造番号・ペダルの本数・設置場所の状況などを調べておくとスムーズです。

グランドピアノ買取の注意点


専門業者に依頼すること

ピアノのある家庭が引越しをする場合、ピアノだけ専門業者に依頼する引越し業者が多いです。それだけピアノの運搬はデリケートな作業というわけです。
大手のリサイクルショップでは、ピアノも買取対象品に入っていることがありますが、重量が300~500kgもあるグランドピアノの場合、扱いに慣れない業者では壁にキズを付けたり、ピアノ本体を破損する可能性もあります。
大きな荷物を運ぶことに慣れている引越し業者ですら特別視するピアノの引取は、ピアノ専門の業者に依頼するのが最も安全です。

見積もりを比較検討する

ピアノの買取価格は、業者によって査定額の開きが大きく、業者によって運搬料の扱い方も異なります。ピアノ買取では、複数業者の相見積もりを取ることが、信頼できる業者選びのポイントです。
業者の中には、もともと買い取る気はないのに、出張料と査定料だけが目的の悪意ある業者もいます。本査定を依頼する前に、電話やメールで連絡をとるなど、信頼できる業者かどうかをしっかり確認しましょう。

まとめ

中古車業界の買取では、インターネットを使った一括査定で業者を選ぶ、というのが当たり前になってきました。ピアノの買取も同じで、ピアノ買取の一括査定サイトがたくさんあります。1回の記入で、複数社の査定額を比較できるので、非常に便利です。
ただし、そこで提示された価格は、あくまでも事前査定です。甘い言葉に騙されないよう、上手に活用するようにしましょう。

ヤマハピアノの場合、公式の買取会社があるので、初めての買取店はどうしても不安という方にも安心ですね。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。