ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Apple Cinema Displayを高額買取してもらうコツまとめ

  • ガジェット通信を≫

Apple Cinema Displayとは

出典:APPLE 公式HP
アップルシネマディスプレイというのはアップルから販売されていたフラットパネルのモニターの事をいいます。現在は販売がされていませんが、2013年までは販売されていました。Apple社独自のADC端子を使用しその他にDIV端子、displayport端子3つで展開されていた製品です。

Apple Cinema Displayの買取価格紹介


Apple Cinema Displayの買取価格紹介

○AppleLED Cinema Display MC007J/A(27インチ)PC 買取上限金額¥41243
○Apple Cinema HD Display (23インチフラットパネルモデル) [M9178J/A] 買取上限金額¥14560
○Apple Cinema Display (20インチフラットパネルモデル) [M9177J/A] 買取上限金額¥41160
○Apple LED Cinema Display 24 MB382J/A 買取上限金額¥34625
○Apple Cinema HD Display (30インチフラットパネルモデル) [M9179J/A] 買取上限金額¥24416
○Apple Cinema Display 20インチ スケルトン(ADC) 買取上限金額¥8000

Apple Cinema Displayを買取しているおすすめ買取店

パソコンショップ DO=MU

出典:パソコンショップDO-MU公式HP

パソコンショップDO-MUは中古のPCやPCパーツ、ソフトウェアやサプライなどの販売や買取を行っているお店です。Apple Cinema Displayの買取も積極的に行っています。HP上には買取価格も表示されていますので、お手持ちの商品がどれくらいの価値があるのかを事前に知る事もできます。店頭買取の他に発送買取も行っています。

コムショップ

出典:コムショップ公式HP

ゲームやスマホ、PCなどの買取や中古品の販売を行っているお店です。インターネットでのWEB申し込みが可能で、買取価格を事前に調べてから見積もりを依頼することもできます。さらに買取が決定してからの入金の手続きも早い事でも有名で安心して取引ができると評判のお店です。

Apple Cinema Displayを高く売るコツ


キレイに清掃をする

まずこうした商品を高く売るにはキレイにしておくことが大切です。Apple Cinema Displayの場合はディスプレイの指紋汚れなどはもちろん、裏側にはホコリがたまりやすくなっているので、こうしたほこりもしっかりと取っておきましょう。コンセントを抜いてから掃除機で穴の表面をかけることで穴の中に詰まったホコリもとりのぞくことができるのでおすすめです。

付属品はできるだけそろえる

Apple Cinema Displayを購入した時に付属している説明書や部品、CDやケーブル類、保証書、更に箱などがあればできるだけ揃えておきましょう。付属品が揃っていることは高価買取の大きなポイントとなります。また箱と同様でビニールカバーなどもあり、購入した時の状態に近ければ近いほど高額買取になる可能性があります。

まとめて買取してもらう

Apple Cinema Display以外にも不要なものがある場合はそれらも一緒にまとめて買取してもらいましょう。一つの商品を買取するよりもまとめて買取してもらう方が買取価格が割高になる場合もあります。

売るタイミングが重要

Apple Cinema Displayはもう製造が中止されていますが、まだまだ人気がある商品です。ですがこれから先新商品がはんばいされるようになってくるとどんどん価格が下がってしまう可能性もあります。ですから不要になったらできるだけ早く売ることが高額買取のポイントです。

未開封商品はそのままで

未開封商品の場合は箱を開封せずにそのまま買取査定に出しましょう。このとき保証書に店舗の印がされているかどうかチェックしておきましょう。保証書に記入されている場合は高額の買取が期待できます。

普段からキレイに使おう

普段の使用状態が綺麗であればあるほど、買取価格も高額になります。また喫煙している場所で使用されているものと禁煙されている場所で使用されているものでは価格が大きく異なってきます。禁煙環境の方が状態が良い場合が多いのでできるだけ禁煙環境で使用することが望ましいです。

Apple Cinema Displayの査定基準


年式

Apple Cinema Displayは電化製品でもあるので、やはり年式も査定には大きく影響します。新しければ新しいほど高値が付く可能性が高いです。

ディスプレイの大きさ

ディスレプレイの大きさは大きければ大きいほど高値で取引されるようなイメージがありますが、Apple Cinema Displayの場合は大きいディスプレイのものより小さいお手軽サイズのディスプレイの方が高値で取引される場合があります。使いやすい大きさの方が使用する側の需要も大きいからではないでしょうか?

製品の状態

製品の状態は買取査定に大きく影響します。もちろん動作することが大前提ではありますが、傷、汚れなどがないかなど隅々までチェックして価格を設定していきます。店舗によっては故障している状態でも買取もしくは引き取りを行てチル店舗もありますので、そういった所を探してみてもいいかもしれません。

まとめ

Apple Cinema Displayは今は製造されてはいませんが、製造終了後も人気が高い商品です。Appleならではの耐久性と機能性が人気の秘密でもあります。ですがこうした電化製品は年数が経過するにつれて買取価格はどんどん低くなってしまいますので、もし不要なApple Cinema Displayをお持ちでしたら今すぐ買取査定をだすことをおすすめします。あなたが不要だと感じた時が、まさにApple Cinema Displayのウリドキで高額買取をしてもらえるチャンスでもあります。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP