ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エアコンが冷えない!そんなときの対処方法と処分方法まとめ

  • ガジェット通信を≫

エアコンが冷えない理由と対処方法

null

梅雨が明けて、さてこれから夏本番。そんなときにエアコンのスイッチを入れたけど全然冷えない。そんなことがときどきあります。故障したのかな?それともどこか調子が悪いだけ?とにかく急いで対処しないと夏の暑さに負けてしまうので、焦りばかりが高まりますよね。

エアコンが冷えないときは、いくつかのケースが考えられます。ここではエアコンが冷えないケースごとに対処方法を紹介します。

エアコンのフィルターが詰まっている

エアコンが冷えない一番の原因が、このフィルターの詰まりです。エアコンはフィルターで空気を吸い込んでいますから、そのフィルターがホコリ等で目詰りしてしまうと、空気を吸い込むことができなくなります。

空気を吸い込めませんから、当然空気を吐き出すこともできません。その結果、エアコンが冷えなくなってしまうのです。

エアコンのフィルターは自分で掃除できますので、使い始めに掃除をしておくようにしましょう。フィルターの汚れは、部屋の空気が悪くなりますし、アレルギーの原因になることもありますので、忘れず掃除をしてください。

室外機の前に物が置かれている

エアコンが冷えない理由として見逃しがちなのが、室外機の環境です。エアコンの熱は室外機を通じて外に送られます。その室外機の前に邪魔になるものがあった場合、熱を排出することができなっくなって、エアコンが冷えなくなります。

エアコンが冷えなくなったときは、まず室外機の確認をしてください。洗濯物のかごなどで室外機の空気の流れをふさいでいませんか?室外機の前に車などが停まっていませんか?

さっきまで冷えてたのに急に冷えなくなった。そんなときは室外機が熱を排出できなくなっている可能性が高いので、室外機周辺をチェックしてください。

エアコンのガスが抜けている

フィルターも大丈夫、室外機も大丈夫。エアコンも動いているけど全然冷えない。そんなときはエアコンのガス漏れの可能性があります。

ガス漏れはエアコン本体と室外機の両方で発生する可能性が高く、エアコン本体は熱交換器に霜がつき、室外機の場合は室外機に接続するパイプに霜がつきます。

どちらにしても自分で直すことができないトラブルですので、エアコンのガスが抜けている場合は、専門の修理業者に修理依頼をしてください。

自力で直せないときの対処法

null

エアコンが冷えないときに自分たちのできることは限られています。上記のエアコンのガス漏れでも書きましたが、おかしいなと思って、できる手を打っても直らないときは、すぐに専門の修理業者に依頼をしてください。

急ぎでない場合、信頼できる業者に依頼したいときはエアコンメーカーの修理受付センターに連絡してください。すぐにでも直したい場合は、近所の町の電気屋さんに相談してみましょう。街の電気屋さんはエアコン修理のプロですから、技術力も確かです。

保証期間内であればエアコンを購入したお店に連絡するのが理想ですが、夏場などの繁忙期になると修理まで1週間以上かかることもありますので、修理費とエアコンなしの生活にどこまで耐えられるかなどを考慮して、どこに依頼をするかを決めてください。

エアコンの修理と買い替えの見極め方

null

エアコンの寿命は購入から10年といったところです。

エアコンが冷えない原因がガス漏れだったときに、ガスを注入すれば一時的に回復しますが、エアコンの寿命で、エアコンの何処かに穴が開いているような場合は、時間とともにまた冷えなくなってしまいます。

購入から10年以上経過したエアコンが故障した場合は、修理ではなく買い替えを考えましょう。10年はひとつの目安ですので、8年目以降は修理してもまたすぐに故障する可能性もありますので、修理費が高い場合は10年経過前でも買い替えを検討しましょう。

ただし、7月8月はエアコンの修理や工事がとても多く、壊れてすぐに買い換えても取付が数週間後なんてことがよくあります。

必要なときに使えないことが一番困りますので、壊れる前に買い換えるということも視野に入れておきましょう。10年経過したら、エアコンが問題なく動いていても買い換えの検討をしてください。

エアコンが動いていれば、リサイクルショップでの高値買取も期待できますので、壊れる前に買い換えることも常に頭のなかに入れておきましょう。

冷えない壊れたエアコンの処分方法

null

エアコンは家電リサイクル対象の家電ですので、粗大ごみなどで回収してもらうことはできません。そのため、基本的にはリサイクル料金を払って回収してもらうことになります。

エアコンのリサイクル料金:900円もしくは1890円
エアコンの運搬収集料金:500円〜3000円

意外と安いと思うかもしれませんが、エアコンの場合はこれ以外にも費用が発生します。それがエアコンの取り外し費用です。すべて合わせて1万円ぐらいが相場ですが、1万5千円ぐらいを請求してくる業者もいます。

ちょっと大きな金額になりますので、少しでも安く抑えたいですよね。そんなエアコンの処分の費用を安くする方法を紹介します。

新しいエアコンを購入するお店に引き取ってもらう

エアコンを販売するお店は、古いエアコンを回収する義務があります。もちろん有料での回収になりますが、家電量販店での買い替えの場合は、この回収費用を実質ゼロ円にすることが可能です。

エアコンの購入時に「リサイクル料と同じ額を値引きして欲しい」と言えば、意外と簡単に値引きしてもらえます。家電量販店によっては最初から買い換え割を用意しているお店もあります。

エアコン本体からリサイクル料と同じ額を引いてもらえれば、実質無料で古いエアコンを回収してもらうことができます。

エアコンはオンラインショップでも買い替えができる時代ですが、オンラインショップでは値引き交渉などを行えませんので、リサイクル料金まで考えたときは家電量販店のほうがお得になるケースもありますことを知っておきましょう。

冷えないエアコンを買取してもらおう

冷えないエアコンなんて売れないと思っていませんか?エアコンが冷えないだけなら、買取してくれるリサイクルショップがいくつもあります。

リサイクルショップはスクラップとして売ることできますし、海外に転売することもできます。銅の価格が上がっていたときにエアコンの室外機が盗まれる事件が多発したことを覚えている人もいるかと思います。

故障していても、冷えなくてもエアコンは金属としての価値があります。思わぬ高値になることもありますので、リサイクル品として回収してもらうのではなく、リサイクルショップでの買取を検討してみましょう。

買取もできなくなったときに初めて、リサイクル品としての回収を進めてみましょう。

まとめ

突然冷えなくなったエアコン。原因はフィルターの目詰りか、室外機の前に物が置かれているか、もしくはガス漏れの3つが主な原因になります。ガス漏れ以外は自分で対処できますが、そうでない場合は、専門の修理業者に修理依頼するようにしてください。

購入から10年近く経過しているエアコンの場合は、すでに寿命となっていますので、無理に修理せずに買い替えを検討しましょう。そのとき壊れたエアコンは家電量販店で実質無料で回収してもらうか、動かないエアコンも買取してくれるリサイクルショップで買取してもらいましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。