ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元KARA起用にフジ株主総会で「嫌韓デモの原因検証した?」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月28日に行なわれたフジ・メディア・ホールディングスの株主総会は、3時間35分の長丁場だった。出席した株主の1人が話す。

「番組がつまらないというストレートな意見が多く出ました。壇上の役員たちも笑顔がほとんどなく、悲壮感が漂っていましたね」

 2016年3月期の同社の売上高は6405億円で前年比0.4%減と、数字上はわずかな減収にとどまった。ところが中核のフジテレビの売上高は前期比6.5%減の2897億円、当期純利益に至っては38%減の33億円と、テレビ東京の後塵を拝する危機的な状況にある。

 業績不振の主な原因は視聴率の低迷だ。昨年の年間視聴率ではTBSに抜かれ民放4位に転落、かつて社会現象にまでなった月9ドラマも、福山雅治主演の『ラヴソング』が史上最低の平均視聴率8.5%を記録するという散々な結果に終わっている。ゴールデンタイムの視聴率では、今年に入って民放5位のテレ東にまで抜かれる有り様だ。

 惨状を見かねた株主たちは総会で不満を爆発させ、厳しい質問を投げかけた。

 まずやり玉に挙がったのは1月に放送された『新春! オールスター対抗歌合戦』だ。この番組に自民党の甘利明、高市早苗、林芳正の各議員が出場したことについて、株主は「視聴者は彼らをスターと思っていない」と一喝。政治的中立性を疑問視した。

 株主優待として毎年送られている手帳に対しても「(子会社で通販を扱う)ディノスのカタログから選ぶことはできないか」との声が上がった。

 月9に関しては、韓国のアイドルグループ「KARA」の元メンバーが新ドラマの主題歌を歌うことがネットで炎上したため「過去の嫌韓デモの原因を検証しているのか」との指摘が出た。

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
副業好調の民放 フジのイベント171億、TBS不動産で150億
フジHD株主 日枝会長と安倍首相蜜月で報道姿勢に疑問を抱く
テレビ局の「電波使用料」は売上高のわずか0.14%しかない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。