ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生徒が多い大学はCランク 生徒しかいない大学はDランク以下

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「学生」と「生徒」、似ているようで違うこの二つの言葉には、どのような違いがあるのか。評論家の呉智英氏が、具体的な事例や報道を基に、世間と政治家の勘違いを指摘する。

 * * *
 教育と政治活動について6月16日付朝日新聞が興味深い記事を載せている。読者諸賢が予想する「興味深い」とちょっとちがうかもしれないけれど。三重県津市の市立三重短大の教授が安保関連法反対の有志の会を結成、連絡先を短大内の研究室にするなどの活動をした。これに対し、自民党の小林貴虎市議が市議会で教育基本法に反すると指摘。朝日記者の取材に小林市議は次のように答えている。

「市の税金で運営する短大。教員は生徒の技能を伸ばす職務に邁進すべきだ」

 その通りだと思う。未熟な生徒しかいない学校で教員が政治活動をするのはいかがなものか。学生ともなれば自主的な判断ができるからいいが、相手が生徒じゃ、やはりまずかろう。というよりも、三重短大に生徒がいることはもっとまずかろう。教育基本法違反じゃないとしても学校教育法違反になると思うし、それを見逃している津市の責任を小林市議は徹底追及すべきだろう。

 もう一つまずいことがある。

 私は経験上、生徒が多い大学はCランク、生徒しかいない大学はDランク以下、と気づいた。数年前、親しかった某大学の教授が亡くなり、葬儀に参列したことがある。祭壇の遺影の横には花輪がいくつも飾られていたが、そこに「○○大学生徒一同」の札が付けられていたのには仰天した。教授は著名人だったので、その花輪ともども葬儀風景がニュースで全国に流れた。

 大学受験情報誌で確認しなくても、○○大学は「生徒一同」が集う偏差値30台のDランク大だと知られてしまったことになる。こうした一方、東大生で「我々東大の生徒は」と話す学生を見たことはない。マンションの一室に女を連れ込み集団でワルサをする学生はいるけれど。いや、これは生徒でもやるな。

 小林市議の発言で三重短大は未熟な生徒が通う低ランク大だと暴露されてしまったことになるが、それでいいのだろうか。三重県は私が住む愛知県の隣県で、三重短大に通学する学生もいる。同大は三重県に三つしかない国公立大学の一つであり、概して評判もよく学生の質も高い。とても生徒が通っているようには思えない。

 ここまで読んできて分からない読者もいないと思うが、念のため説明しておこう。

 学校教育法では、大学生(短大生を含む)を「学生」、中学生・高校生を「生徒」と定めている。日常語でも同じだ。今では死語になった全学連や全共闘は学生運動であって生徒運動ではない。部活の体育館の割当てを決めるのは生徒会活動であって学生会活動とは言わない。

 ただし「学生」を広義に使うことはある。中高生が着ても大学生が着ても「学生服」。映画館の「学生割引」は中高生も可。反対に「生徒」を広義に使う例は低偏差値大しかない。英語のstudent(学生)とpupil(生徒)もほぼこれに対応している。中学の生徒の時に習ったけどね。

●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会前会長。著書に『バカにつける薬』『つぎはぎ仏教入門』など多数。

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
美人すぎるトライアスロン新成人「インカレ出られず悲しい」
札幌、船橋、島根県他「慰安婦意見書」採択地方議会全リスト
学習院大学の「教育学科」 佳子さまの進学を見据えて新設か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP