ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エジプトに行ったら絶対食べたい!おすすめエジプト料理15選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エジプトに行ったら絶対食べたい!おすすめエジプト料理15選
Photo credit: Tomoya Sato「エジプト」

Photo credit: Tomoya Sato「エジプト」

こんにちは。Compathy MagazineライターのMakiです。
エジプトといえば、ピラミッドやスフィンクス、ツタンカーメンにクレオパトラと神秘と謎に包まれた古代文明に興味をそそられますね。観光スポットもたくさんあり、エジプトを訪れたら行きたいところはたくさんあると思います。しかし、食べたいエジプト料理と聞かれて思い浮かべるものがありますか? エジプト料理についてあまり知っている方は少ないのではないでしょうか?
そこで今回はエジプト料理の特徴をふまえて、有名なエジプト料理の前菜、主菜から食後のデザート、飲み物までをご紹介します!

エジプト料理とは

エジプトの食文化は7000年の歴史を持つと言われています。それほど、古くから食べることを大事にしてきたエジプト人。食材は砂漠地帯に囲まれていながら、ナイル川の豊かな水の恵みにより、豊富な食材であふれています。
料理の特徴は、豆や野菜を使ったヘルシーメニューが多く、コリアンダーやクミン、ブラックペッパーなどのスパイスがよく使われます。一般的には、前菜にサラダとスープ、主菜には肉料理や魚料理にパンやライスが添えられ、食後はデザートとお茶で締めくくります。

肉料理

国民の9割がイスラム教徒のため、豚肉を禁じて羊肉や牛肉、鶏肉を使った料理が食べられています。カイロなどの都市であればコプト教徒(キリスト教徒)のお店で豚肉を食べることができます。肉料理の定番は串焼きのコフタがポピュラーです。

魚料理

ナイル川と地中海で新鮮な魚介類がとれ、淡水魚と海水魚の両方が料理に使われています。淡水魚はボルティ(ティラピア)やナイルパーチなどで、海水魚はスズキ、ボラ、タイ、シーバチなどが使われています。

野菜料理

エジプトはトマトの生産が世界第5位。料理にもトマトを煮込んだレシピがたくさんあります。他にもナス、タマネギ、ピーマン、オクラ、モロヘイヤ、カボチャ、ニンジン、ジャガイモ、キュウリ、ズッキーニ、キャベツ、ホウレンソウ、タロイモなど豊富な野菜が使われています。

飲み物

温かい飲み物はシャイという紅茶が最も飲まれています。スリランカ産やケニア産の茶葉が使われています。砂糖をたっぷり入れて飲まれています。ミントを入れて煮出したものはアッシャーイ・ビンナアナーアと呼ばれています。
冷たい飲み物にはカルカデという花を煮出しものがよく飲まれています。こちらも砂糖をたっぷり入れて飲むのがエジプト流。
 
<前菜>

1. ターメイヤ

エジプトで最もポピュラーな料理です。ソラ豆やヒヨコ豆をつぶして作る、コリアンダーなどのスパイスの効いたコロッケのような料理です。そのままおかずとして食べる他に、街角ではパンに挟んでサンドイッチとしてもいただきます。価格も安く腹持ちもいいので手軽な軽食としてもってこい! 揚げたては何個でも食べたくなる美味しさなので、ぜひあつあつを召し上がってください!

2. シャクシュカ

Photo credit: PROcyclonebill via flickr cc

Photo credit: PROcyclonebill via flickr cc

シュニジアが発祥地といわれていますが、エジプトでは定番の朝食メニューです。角切りにした玉ねぎ、にんじん、トマトなどの野菜とひき肉を炒め、クミン、ターメリックなどのスパイスを加えてトマトソースで煮込み、最後に卵を落とした料理です。
朝から野菜たっぷりで栄養満点のシャクシュカを食べたらパワー全開で過ごせそうですよね!
 
<スープ>

3. ムルキーヤ(モロヘイヤスープ)

Photo credit: יוסי הראשון [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY 2.5], via Wikimedia Commons

Photo credit: יוסי הראשון [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY 2.5], via Wikimedia Commons

モロヘイヤは、エジプトが原産国の野菜です。ムルキーヤとはアラビア語で「王様の野菜」という意味です。その由来は、昔の王様がモロヘイヤスープを飲んで不治の病が治ったことから呼ばれるようになりました。モロヘイヤは栄養価が高く、ミネラルやビタミンを豊富に含んでいるので、美の象徴といわれるクレオパトラも好んで食していたとか。王様のスープにあやかって体の内側からきれいにしたいですね。
 
<豆・野菜料理>

4. コシャリ

Photo credit: Tomoya Sato「エジプト」

Photo credit: Tomoya Sato「エジプト」

エジプトの代表的な家庭料理です。コシャリとは「混ぜる」という意味です。米やレンズ豆、マカロニにパスタなどの上にトマトソースをかけたものです。トッピングに、タッレイヤ(揚げ玉ねぎ)、シャッタ(唐辛子コリアンダー)、カリ(にんにくとお酢)をお好みでたっぷりかけて混ぜていただきます。炭水化物オンパレードですが、トマトソースやにんにくのアクセントが加わり絶品の美味しさ!
お店によって素材の組み合わせや味が違うため、コシャリの味比べめぐりをするのも面白いですよ。

5. フール・メダンメス

Photo credit: Alpha via flickr cc

Photo credit: Alpha via flickr cc

こちらもエジプトの代表的な家庭料理で朝食メニューのひとつ。干しソラ豆やヒラ豆、レンズ豆を煮込んだ料理です。食べる前にクミン、レモン汁、オリーブオイルをかけて、ゆで卵やピクルスなどを添えていただきます。食物繊維たっぷりでとても健康的な一品です。エジプトの屋台ではフール・メダンメスをいただいている光景をよく目にします。それぐらいエジプト庶民には欠かせない一品を朝食にいかがですか?
 
<肉料理>

6. ハマム・マシュイ

エジプトの名物でもあるハト料理のひとつです。ハマームとは「ハト」という意味。日本人には馴染みのない食材ですが、エジプトでは高級食材として家庭でも食べられています。ハマム・マシュイは、ハトのお腹に米やフェリーク(緑小麦)を詰めてグリルしたものです。他の肉料理に比べて価格は高めですが、エジプト人に最も愛されている料理のひとつなので、一度は食べてみる価値ありです。

7. コフタ

Photo credit: MIchelle DT via flickr cc

Photo credit: MIchelle DT via flickr cc

ひき肉や豆などに玉ねぎ、トマト、パセリ、スパイス、塩コショウを加えて混ぜたものを串で巻きつけて焼いていただきます。スパイスの香りが食欲をそそり、ご飯が何杯でもいけちゃう美味しさですよ! お酒好きの方だったら、コフタにビールが相性抜群です。街角の屋台ではアルコールは売ってないので、ビールと一緒に食べたい方は観光地のレストランでご賞味くださいね。

8. ムカサ

Photo credit: Alpha via flickr cc

Photo credit: Alpha via flickr cc

ムカサとはアラビア語で「冷やしたもの」という意味。牛肉や羊のひき肉とナス、トマトなどの野菜を重ねて、ベシャメルソース(ホワイトソース)とチーズをかけてオーブンで焼いたグラタンに似た一品です。最もポピュラーなものは、ナスを使ったものですが、ジャガイモ、ズッキーニなどを加えたものもあります。野菜の甘さと肉汁が口いっぱいに広がり、この上ない美味しさです。

9. ダウードバシャ

松の実やレーズンを包んだ肉団子をトマトで煮込んだものです。何も包まない肉団子レシピもあり、その場合はローストした松の実をご飯の上にトッピングしていただくことも。ジャガイモなどの他の野菜を一緒に煮込んだりとバリエーション豊かに食べられています。この料理を好んで食べていた、オスマン帝国時代の政治家にちなんで名前が名付けられたと言われています。
多くのレストランの一押しとしてメニューに書かれているのでぜひお試しください!

10. ターゲン

Photo credit: Hussain Matouq Buhlaigah via flickr cc

Photo credit: Hussain Matouq Buhlaigah via flickr cc

土鍋で米や野菜、肉、魚などを蒸し焼きにした料理です。トマトベースに肉や魚とオクラなどの野菜を煮込んだターゲンは、お肉や魚がホロホロになるまで煮込まれていて食欲が進みますよ! 平たい丸型のパン(エイシバルディ)とセットになっていることが多いです。あつあつのターゲンとエイシバルディの相性が抜群! 屋台や食堂、レストランでも食べれる一品です。
 
<魚料理>

11. サマック・マシュウィー

Provided by

Provided by foursquare-icon-16x16

魚をトマトやピーマンなどの野菜と一緒にグリルしたものです。「サマック」とは魚という意味。ナイル川の魚は川魚ですが、臭みが少なくてグリルにすると香ばしくてとても美味しいです! 優雅にナイル川クルーズをしてから、ナイル川の恩恵を受けたサマックをいただくのも粋ですね。

12. ボルティ

ボルディとはナイル川で獲れる魚のことです。正式名称はナイルティラピアといいます。
エジプトの家庭ではボルティのお腹に、にんにく、レモン、クミン、唐辛子、塩コショウ、パセリなどの好みのハーブを入れて、小麦粉をつけて油で揚げるレシピが主流です。こちらも川魚特有の臭みも少なく、ふっくらとした白身が美味しい魚料理です。ぜひ揚げたてをご賞味ください。
 
<パン・デザート・お茶>

13. エイシバルディ

エイシとはアラビア語で「命」という意味でエジプトの食事に欠かせないパンのことです。全粒粉と小麦粉を混ぜて作られ、平たく丸型のエイシバルディは様々なメニューと一緒に食べられています。モロヘイヤスープにつけて食べたり、中身が空洞になっているので、半分に切ったエイシバルディの中にコフタやターメイヤなどの具を挟んでサンドイッチにしたりとなくてはならないものです。

14. オマーリ

Photo credit: Debbie Tingzon via flickr cc

Photo credit: Debbie Tingzon via flickr cc

パンをココナッツミルクに浸して、レーズンやナッツと共に表面がキツネ色になるまでオーブンで焼くデザートです。ココナッツのクリーミーさとレーズンの甘酸っぱさが絶妙な美味しさ! スパイスの効いたエジプト料理の後に食べるオマーリの甘さに至福の時間が流れます。ナイル川クルーズでもよく出されるデザートです。

15. カルカデ

Photo credit: Revolution_Ferg from Dublin, Ireland [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: Revolution_Ferg from Dublin, Ireland [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

乾燥した赤いカルカデの花を煮だして水で冷やした飲み物です。砂糖を加えて飲むカルカデは、甘酸っぱくてビタミンCやミネラルの宝庫であり、暑いエジプトにぴったり。健康飲料としても注目を浴びていて、鉄分と繊維質なども多く含まれています。なので美容にもいいと言われていて、かのクレオパトラも愛飲していたとか! ぜひクレオパトラの美の秘訣カルカデを飲んできれいになっちゃいましょう。

おわりに

いかがでしたか? 今回は、おすすめのエジプト料理情報をお届けしました。エジプト料理を見てみると長い食文化の歴史が伺えますね。食を大切にしてきたエジプト人ならではの健康でヘルシー、尚つ美容にいい食材やレシピ法が満載です。どれも美食家をうならせる絶品料理ばかり!
エジプト旅行に訪れたら観光スポットと合わせて、ぜひエジプト料理もご堪能ください。エジプト料理を制せばあなたもきっとグルメ家になること間違いなし!

ライター: Maki Ohtuka
Photo by: Tomoya Sato「エジプト」

エジプトに行ったら絶対食べたい!おすすめエジプト料理15選

Compathyでエジプトの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、エジプトを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

*Tsuyoshi Hosoya「カイロのモスクそして日本へ」

*Shohei Watanabe「エジプト エジプト人と過ごすサハラ砂漠とギザのピラミッド」

*Yasuko Kimura「初海外個人旅行でエジプト周遊19日間!その1 カイロ・ギザ・ルクソール・アスワン・アブシンベル編」

Related Post

Photo credit: Daisuke Taniwaki「ドンソール&バリカサグ」フィリピンの名物グルメを紹介!おすすめフィリピン料理15選

Photo credit: mihooo「ギリシャでセレブリティな旅を!地中海の景色と食を満喫!」本場ギリシャで食べてみたい!代表的なギリシャ料理TOP18

ss近年注目集まる「美食の街」サンセバスチャンでバル巡りはいかが?

Photo credit: D「Bangkok~留学の寄り道」本場のタイグルメを求めて!定番タイ料理とレストラン情報

Photo credit: Terence Chang via flickr cc本場の味はこれだ!おすすめのジャマイカ料理と飲み物21選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。