ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三ツ星レストランも導入!冷蔵と加熱機能を完備したテーブル「SMARTSLAB TABLE」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KRAM_WEISSHAAR_SMARTSLAB_TABLE_FOR_SAPIENSTONE_003_SIDE_SET2スウェーデンとドイツのデザインスタジオ「Kram/Weisshaar」が、冷蔵機能と加熱機能を完備したハイテクテーブルを開発した。
このテーブルには、食べ物を調理し、飲み物を冷やすための技術が組み込まれている。
つまり、キッチンでの作業をテーブル上で行なうことができるのだ。

・テーブルに適している、火、水、衝撃に強い陶製素材

KRAM_WEISSHAAR_SMARTSLAB_TABLE_FOR_SAPIENSTONE_003_SIDE_SET「SMARTSLAB TABLE」と名付けられたこのテーブルの表面は、最新技術の「SapienStone」という素材で覆われているが、これはわずか6mmの陶製材料だという。

実質的に破壊できないため、火事や霜、熱衝撃、かすり傷、微生物といったものに影響を受けない点が特徴だ。

陶製のパネルの下には、42.5°Cの温度を正確に保つことができる円形の発熱体や、-5°Cの温度をキープする冷却素材が組み込まれている。
このテーブル一つで、パスタを茹でたり、シャンパンのボトルを冷やし続けることができ、さらに完成した料理をすぐに提供し、適温の料理を長く楽しむことができるのだ。

・人気シェフからも高い評価。レストランでも導入?

実際に、イタリアのミシュラン三ツ星レストラン「オステリア・フランチェスカーナ」のシェフ、マッシモ・ボットゥーラは、レストランのキッチン再開発の際にこのテーブルを使用し、高い評価の声を残している。
世界中のレストランでこのテーブルが導入される日も近いかもしれない。

Kram/Weisshaar

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。