ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

百瀬巡 デビュー・アルバム『mechanic』発売直前、音とトークで自らを語る-OTOTOYイベントレポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月3日(日) LOFT9 Shibuyaにて〈百瀬巡デビューアルバム“mechanic”発売直前トーク&ライブ~ももホロたくちゃんのよろしくメカドック~〉が行われた。

LOFT9 Shibuyaは東京渋谷区円山町にあるKINOHAUS 1階に7月1日にオープンしたトークライヴハウス。LOFT PROJECT系列9店舗目となるライヴハウスで、トークライヴとして使用する時間帯以外は、昼はカフェ、イベント終業後はバーとして利用できる。

この日は、おやすみホログラムをはじめとするアーティストのサポートやソロとしても活動するアーティスト・百瀬巡のライヴ会場限定1stアルバム『mechanic』発売直前記念としてゲストを迎えてのイベントが行われた。店内ではスペシャル・メニューとして百瀬巡考案の「ユッケ”ジュン”クッパ」「ももじゅん特製ももアイス」を食することもでき、人気を集めていた。

12:30過ぎに開演すると、まずは百瀬が登壇し、トーク司会の福山タク(NATURE DANGER GANG)とオープニング・トーク。アルバムのコンセプトとして、「色々なバンドのサポート活動を行ってきた事もあり、いったいどれが本当の百瀬巡なのか?と訊かれる事が多かった。今回のアルバムは初期衝動や自分らしさを表現できていると感じる曲を入れるようにした」とのこと。

おやホロが登壇すると2人とはオケを使ったライヴとバンドセットでのライヴの違いなどについてトーク。福山が「note」「strawberry」「誰かの庭」を例に出し曲によっての違いを訊くと「基本的に詳しいことはわからないんですけど、違いはあります(笑)」(八月ちゃん)「曲によってはサビ前のところとか、オケとバンドセットでは違うので、歌い方は結構変えてるつもりです」(カナミル)とコメント。百瀬もバイオリン、ピアノを弾く上でのこだわり、曲によっての細かいニュアンスやプレイの違いがあることや、同じくおやホロバンドでサックスを務めた福山とのコンビネーションなどについても話していた。百瀬はおやホロバンドについて「良いバランスのバンドだったなと思うし、おやホロの2人はライヴの度に“そんな引き出しがあるんだ”と思わせてくれてすごく楽しかったです」と評価していた。

続いて第2部としてminimal setでのミニ・ライヴ。おやホロと共に「誰かの庭」を披露。オケに合わせた百瀬のバイオリンと2人の歌声により、メロディの良さが際立って聴こえた。おやホロの2人がステージを降りると、打ち込みとバイオリンのサンプリングをバックにボーカルとバイオリンを聴かせ、染み入るような歌声とバイオリンの調べが、涼しげな森の中にいるような清涼感を与えてくれた。2曲目には打ち込みに合わせてスティック、ハンドクラップでリアルタイムサンプリングして重ねた音に合わせて演奏、幻想的な歌声と相まって広がりのある異空間を生み出していた。また、トークの時に伺えた柔和な笑顔と対照的に、時折見せる鬼気迫る表情と迫力あるボーカルで、深いミュージシャン・シップを感じさせる場面も。アルバムからの曲、2人組ユニットのレアな曲も交え、短時間ながら、バイオリ二スト、ボーカリスト、またトラックメーカーとしての才能の片鱗を見せたライヴだった。

第3部ではOTOTOYのディレクター・西澤裕郎が登壇して初対面となる百瀬のパーソナリティに迫り、知られざるルーツが赤裸々に語られるなど、貴重な内容を聴くことができた。マッシヴアタックやキングクリムゾンから影響されたこと、「私も謎なんですよね(笑)」という、バイオリンを始めたきっかけの話、特撮が好きで怪獣に感情移入してしまうことなど趣味の話なども交えながら、ミュージシャンとして様々なバンドのサポートをしていること、百瀬巡バンドセットのベーシスト・水野陽子との出会い、そして福山タクとの出会いについてのエピソードが語られた。また、初のアルバム製作についての話では、西澤から「さっきのライヴでもそうでしたけど、結構バイオリンを弾いてないですよね?」と話を振られると「そうなんですよ、それは重要なところで、6曲中1曲しか弾いてないんですよ」とのことで、バイオリニストというよりはソロ・アーティスト百瀬巡がどんな音楽を生み出しているのかを知ることができるアルバムになっているようだ。

百瀬は5日のリリース日に行われる新宿MARZでのライヴに続き、7月26日(火)〈オトトイのススメ!〉にも出演が決定。ぜひアルバム、ライヴ共に百瀬巡の世界に触れてみてほしい。(岡本)

・百瀬巡オフィシャル・ウェブサイト
http://momose-jun.flavors.me/

〈百瀬巡デビューアルバム“mechanic”発売直前トーク&ライブ~ももホロたくちゃんのよろしくメカドック~〉
2016年7月3日(日)LOFT9 Shibuya
出演:百瀬巡 / おやすみホログラム / 福山タク(NATURE DANGER GANG) / 西澤裕郎(OTOTOY) / 水野陽子(Proxyon)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。