ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猛暑対策家電のサーキュレーター その省エネ実力は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の夏は、史上空前の猛暑と予想されている。5月下旬から日本各地で真夏日を記録。世界的にも今年4月の平均気温は観測史上最高値を更新し、NASA(米国航空宇宙局)は「99%の確率で史上最も暑い夏になる」と発表した。

 猛暑が話題になった2010年、熱中症による死者は全国で500人を数えたが、今年はそれよりも凶悪な“殺人熱波”が日本を襲う可能性がある。

 となれば、冷房をフル稼働させて難を逃れたいところだが、東日本大震災以降、電気代は上がり続けている。室温の涼しさと懐の暖かさを両立させるにはどうすればいいのか。

 今年の猛暑対策家電のヒット商品になっているのが「サーキュレーター」だ。家電量販店には専門コーナーが設けられ、各社から新商品が投入されている。

 サーキュレーターは、室内の空気を循環させる機械。原理や構造は扇風機と同じだが、扇風機が人の体に涼しい風を当てる目的で設計されているのに対し、サーキュレーターの役割は室内の空気を効率的に循環させることにあり、鋭く強い風を遠くまで送り込む。

「サーキュレーターの使用で体感温度が1℃ほど下がる。エアコンと併用する場合、冷房の設定温度より1℃低い効果が得られるとされています」(ヨドバシカメラマルチメディアAkiba・コンシェルジェの高澤浩二氏)

 部屋を25℃にしたければ、エアコンの設定温度は26℃で済むということは、1℃分の節電になる。とはいえサーキュレーターを動かすにも電気代がかかる。それでも節電になるのだろうか。家電コーディネーターの戸井田園子氏は次のように試算する。

「6畳間用のエアコンの平均的な消費電力は約300w(ワット)。設定温度を1℃上げると消費電力は約10%下がるので、30wの電力削減になる。つまり、消費電力30w以下のサーキュレーターを使えば、節電効果を得られます」

 市販されているサーキュレーターの消費電力は製品によって異なり、6畳間タイプのもので3~40wと幅広い(価格の高い製品ほど消費電力は低い傾向にある。価格帯は約3000~1万7000円)。つまり、中にはより電力を消費するだけのサーキュレーターもあるのだ。節電を目的に使用する際には、消費電力の確認が必要だ。冷気が拡散されるよう、サーキュレーターはエアコンの対面に設置し、エアコンに向け風を送り出すとよい。

 では、サーキュレーター導入の減価償却期間はどれくらいか。

 省エネルギーセンターの実測調査によれば、夏期(6月2日~9月21日までの112日間)にエアコンの設定温度を1℃上げることで816円の節約になるという(1日9時間利用の場合)。サーキュレーターを動かす電気代も考慮すると、15wタイプの製品なら4年ほどで元が取れる計算だ。

 扇風機で代用も可能だ。最近発売されているものの多くは30w以下で、サーキュレーション機能を売りにしているものも多い。

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
コード式掃除機5分の電気代はルンバ1時間の電気代の2.2倍
エアコンやテレビのスイッチをこまめに切のは節電にならない
節電の影響でエアコン商戦が早期化 真夏に品不足の可能性も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。