ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シミは “目”の日焼けから始まる? “ルテイン”で内側から目を守る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

UV対策に余念がないという方でも、“目”の紫外線対策はしていないことが多いのでは? 紫外線によって肌が日焼けするのと同じように、強い光を浴びると目も日焼けしてしまいます。そして、目が日焼けすることで考えもしなかったダメージを受けることもあるのです。日差しが強い日には、鍔の大きい帽子をかぶったり、サングラスをするなどの対策はもちろん、内側から目の紫外線対策をするなら“ルテイン”を積極的に摂り、内と外を同時にケアしましょう。

紫外線が原因で目の病気になってしまうかもしれない

肌に紫外線を浴びると、肌には紫外線から守るためのメラニン色素が生成され、日焼けになります。肌と同じように、目だって紫外線を浴びれば日焼けが生じます。太陽の光を浴びた後、目がショボショボしたり、白目が濁っているように感じたことはありませんか? これが目の日焼けの症状です。肌の日焼けは活性酸素の発生につながりますが、目の日焼けだって過剰に活性酸素が発生します。活性酸素は老化の原因になるだけでなく、細胞を傷つけさまざまな病気の原因に。目に活性酸素が増えることで、白内障や加齢黄班変性といった目の病気につながる危険があるのです。

“ルテイン”に活性酸素を除去する働きがある!

ルテインは、最近、第7の栄養素として注目されているファイトケミカルのひとつです。ファイトケミカルは、抗酸化力が非常に強い特徴があり、ルテインのほかにアントシアニンやリコピン、イソフラボン、カテキンなどがあります。ルテインも抗酸化力が高く、もともと目の水晶体や黄班部に多く存在して、目を紫外線から守ってくれています。ルテインがあるからこそ、目が紫外線を浴びて活性酸素が発生しても、すぐに除去されるのですね。ルテインは年齢とともに少なくなっていきます。年を取ると白内障などの病気が多くなるのは、そのせいでもあります。

目を守る! “ルテイン”は食べ物から摂るべし!

目を守るために必要なルテインを確保するには、ルテインが多い食べ物を食べて補ってあげる必要があります。ルテインは特に緑黄色野菜に多く含まれているので、毎日の食事で積極的に食べるようにしましょう。ルテインが多い食べ物はケール、ほうれん草、ブロッコリー、芽キャベツ、卵黄など。ほうれん草やブロッコリーなら手に入りやすいので、毎日食べることができますよね。もちろん日差しの強い季節だけでもサプリメントから一定量を毎日摂取するのもオススメです。

目の日焼けが肌のシミの原因になるという人も多数!目の日焼け対策を今年はお忘れなく。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP