ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年Q1の国内モバイルデバイス市場、スマートフォン・タブレットはいずれもマイナス成長(IDC)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IDC Japan は 6 月 30 日、2016 年 Q1 の国内におけるモバイルデバイス(ノート PC、スマートフォン、タブレット、データ通信端末など)の出荷台数に関する調査結果を公開しました。この期間のモバイルデバイス出荷台数は前年よりも 7.5% 少ない 1,202 万台でした。スマートフォン・タブレットはともに前年同期比 6.2% 減少し、ノート PC についても 8.1% 減少しました。どの分野もマイナス成長を記録しています。IDC は 2016 年の年間出荷台数予想を、2015 年よりも 4.6% 少ない 4,571万台としており、翌 2017 年も減少するものの、その後、2018 年から 2020 年まではスマートフォンの出荷増加によって全体は回復の方向に向かう予想しています。スマートフォンの今後については、2014 ~ 2015 年に急増した SIM ロックフリー端末のユーザーにおいて第一次の買い替えブームが到来しそうなので、これによる出荷台数の増加に多少は期待できそうです。Source : IDC

■関連記事
OPPO Find 9の画像が流出
Galaxy S7 edge Olympic Editionは7月7日に発表、Samsungがリオ五輪に向けたティザー動画を公開
Android Tips : YouTubeアプリで映画やテレビ番組に絞って動画を検索する方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP