ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

重低音を手首で体感!世界初、腕時計型サブウーハー「The Basslet」に釘づけ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽の聴き方に、異変が生じている。耳で聴くだけの時代は、もはや過去。今後は体のあらゆる部位を使って体感するスタイルが、主流になっていくだろう。昨今のプロダクトを見ている限り、そう予感せざるを得ない。

Kickstarterに登場した「The Basslet」も、そんな製品の1つ。手首に着けるだけで音楽を体で感じることができる、腕時計型のウェアラブルサブウーハーだ。

・スマホからウォークマンまで、さまざまな機器に対応

迫力ある音楽を楽しむのに欠かせないのが、重低音。特にクラシックやロックには、欠かせない要素だ。そこで役立つのが、サブウーハー。低音の強調だけではなく、普通のスピーカーでは出すことのできない、圧倒的な臨場感を与えてくれる。

それを手首で体感しようというのが、本品の主旨だ。ドイツで設計された革新的な技術、「LoSoundエンジン」を搭載。10~250Hzの低周波数に反応し、広範囲なダイナミックレンジを提供する。スマホやmp3プレイヤーはもちろん、VRヘッドセット、旧型のウォークマン、DJ用のミキサーなど、あらゆる機器に接続可能。アプリいらずで、即利用できるところもグッドだ。

・ゲームでも大活躍!

その活用範囲は、音楽だけに留まらない。いつものゲームが、大迫力のアクション巨編に早変わり。車や爆発音も、重低音がばりっと演出。ゲームの世界に、どっぷり浸かることができる。

本体サイズは、34.4×37.5×8.7ミリメートルで、重量は134グラム。1時間の充電で6時間まで再生可能だそう。

プロジェクトの公開は、7月25日まで。プレオーダーは、139ユーロ(約1万5800円)から受け付けている。

The Basslet/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP