ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐藤浩市 瑛太に「お前は今、そこにいるのか」と嬉しくなる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 芝居を習っていないという佐藤浩市は、撮影現場でメソッドを教わる日々だったという。映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』から、芝居を勘違いして遠回りした若き日の思い出と、それで見えてきた景色について語った佐藤の言葉をお届けする。

 * * *
 佐藤浩市は1983年、相米慎二監督・緒形拳主演の映画『魚影の群れ』に出演している。

「夏目雅子さんと砂浜で会話する場面から初日は始まったんだけど、『はい、もう一回』で稽古やってまた『はい、もう一回』それで最後は『やめよう』と言われて初日はカメラが回りませんでした。もう凹みました。

 このやり方がダメだったら次は何をやろうかとなるわけです。セリフを変えたり毎回アクションを変えながら『OK』をもぎ取った。それで毎回芝居を変えるようになったんですよ。

 緒形さんと初めて喫茶店で会うシーンでも、何度もNGが出て。それで、喫茶店のトイレに入って『ここから始めます』って監督に言って。緒形さんが店に入ってくと僕がトイレから出てきて『いらっしゃい』と言う。そこで初めて『OK』になりました。で、『そうか、こっちなんだな』と思った。今思えば浅はかなんですが、奇をてらった芝居をすればいいと考えたんです。

 相米慎二が唯一僕に演出したのは、死ぬ場面でした。『お前、なに死ににいってるんだ』って。ハッとしましたね。台本を読めば死ぬって分かっているわけじゃないですか。あらかじめ死ぬと思っているから、こっちは死ににいくんですよ。でも、そうじゃない。僕の演じる俊一という男は死のうとはしてないんです。でも死んじまう。そう思ったことが、ホンの読み方のヒントになりました。
 
 自分では結末を分かっている、何が起きるかを分かっている。それを前提にして芝居してはいけないということです。まず、その前提を捨てることなんですよね」

 1986年の映画『犬死にせしもの』では主演をしている。

「この映画でも、本番でガンガン芝居を変えましたよ。そうしたら西村晃さんに『浩市、俺は付き合うよ。でも、そういうのがダメな役者もいるからな』って。でも、僕は『何を言ってるんだ。やったもん勝ちだ』って思ってるところがあって。でも、それは大きな勘違いでした。

 蟹江敬三さんと吉行和子さんとのシーンがあったのですが。僕が二人に喧嘩を売って出ていって、蟹江さんと吉行さんが残るという芝居で。なんか『面白くねえな』と思って、灰神楽の灰を二人に投げつけて出て行ったわけですよ。それは『OK』になったんですが、できあがった映画を観たらば、僕が投げた灰の真白い中でお二人は延々とお芝居をされている。

 その時、『俺は一人じゃないんだ』と、自分の勘違いに気づきました。当たり前のことなんですが。僕は芝居を習っていないから現場がメソッドなんです。

 それでも、何回かテイクを重ねると自分で芝居を変える瞬間がある。その時には、あらかじめ演出家と共演の役者に『こうなるかもしれません』と最初から提示することにしました。

 芝居を勘違いして、遠回りしなければ見えなかった景色が見れたんだと思います。『64─ロクヨン─』では瑛太が凄く芝居を変えてくるんですが、それを見ていてなんか嬉しくなっちゃう。『ああ、お前は今、そこにいるのか』って」

●かすが たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』(文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』『市川崑と「犬神家の一族」』(ともに新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

■撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
臨時国会の1日あたり費用 議員1人で20万円、合計4億円
田村亮が着物姿時の所作の美しさに心を奪われた共演女優とは
亡くなる直前に蟹江敬三さん語った「あまり考えず現場入る」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。