ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藍井エイル NHKホール揺らしたライブの裏側

DATE:
  • ガジェット通信を≫

藍井エイル NHKホール揺らしたライブの裏側
J-WAVE土曜20時からの番組「ALL AREA PASS」(ナビゲーター:藤田琢己)。7月2日のオンエアでは、藍井エイルさんがゲストに登場。6月30日、NHKホールで開催された「Eir Aoi EXTRA LIVE 2016″D’AZUR-EST FINALE”」の裏側に密着し、このライブにかける思いに迫りました。

2011年10月のメジャーデビュー以来、これまで12枚のシングル、3枚のアルバムをリリースしてきた藍井エイルさん。7月20日には人気テレビアニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」のオープニングテーマ「翼」をリリースします。そんな藍井さんのライブ「Eir Aoi EXTRA LIVE 2016″D’AZUR-EST FINALE”」が、6月30日にNHKホールで開催されました。

これまでライブハウスツアーをメインとしてきた藍井さんが、より大きな舞台へ。これは、ツアーのフィナーレを迎えるライブでもあり、藍井さんの転換期となる舞台でもありました。そのこだわりは、4日連続で1日7時間のリハーサルを行ったということからも伺えます。

「ライブハウスだと距離感が近かったりすることが多く、素の感じを楽しんでもらうというのが醍醐味でもありました。今回”D’AZUR-EST FINALE”では、ホールならではの見せ方を課題にして、ライブハウスではできなかったことをやってみよう、ということに、こだわっています」(藍井さん)

リハーサルでは、たとえば、生で聴く人の反応を考えて曲の終わり方をどうするのか、メンバーとの立ち位置、照明の角度など、細かく真剣に確認する藍井さん。またリハーサルでは必ず観客席に座って、お客さんからの舞台の見え方を確認するという藍井さんですが、今回は演出家が参加したということもあり、その舞台は客観的に見ても素晴らしいものだったのだとか。思わず、「感動する」と興奮の声をあげる藍井さんでした。

そして準備を重ねたライブ当日。「今日までやってきたことを信じて、全力でお客さんに喜んでもらえるようなライブをしていきたいと思います。せいの、エイ!エイ!ルー!」と、メンバーと交わす恒例のコールにも熱がこもっていました。当日の音源からは、藍井さんの熱量はもちろん、それに応えるファンの声援でNHKホールが揺れている様子が伝わってきます。

「ホールが久しぶりだったんですけど、ライブハウスと変わらないぐらいの熱量で…思いっきり飛んでくれたりとか、気持ちをぶつけてきてくれたりとかしたのが本当にうれしかったですね」(藍井さん)

10月にデビュー5周年目を迎える藍井さん。今年の11月4日、5日に日本武道館2daysが決まっています。今回の成功を自信に、さらに多くのファンと一体となって武道館を揺らすのでしょうね。

【関連サイト】
「ALL AREA PASS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/allarea/

サカナクション 1年半ぶりツアー、その裏側とは(2016年05月13日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/-1-2.html

CDコンポ愛用する注目の新人「ハッカドロップス」(2016年04月17日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/cd.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。