ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『笑点』のお題の決まり方 48年のベテラン放送作家もいる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 50周年を迎える『笑点』(日本テレビ系)。新司会者に春風亭昇太(56才)が抜擢されたり、林家三平(45才)が新メンバーとなったりと、話題が事欠かない。笑点をこよなく愛するコラムニスト・ペリー荻野さんは、お題の魅力を語る。

「『18才と81才の違い』というお題で、『東京五輪に出たいと思うのが18才、東京五輪まで生きたいと思うのが81才』という林家たい平さん(51才)の回答がネットでも話題になりましたが、こういう今っぽいお題がある半面、かつらをかぶっておじいさんとおばあさんになりきるという、昔ながらの落語を反映したお題もある。お題と回答者の絶妙な取り合わせも笑点の大きな魅力ですね」

 そもそも「お題」はどうやって決められているのか。福田一寛プロデューサーはこう述べる。

「数人の構成作家と制作スタッフで考えています。なかには48年間もお題を考え続けている、70代の構成作家のかたもいますよ」

 歌丸時代には年齢をおちょくった「死ネタ」、昇太になってからは「結婚ネタ」と、司会者のキャラを立てるお題が出されるのも珍しくない。例えば6月12日の回には、回答者が花嫁になり、昇太が「ぼくと逃げてください」と問いかけるお題があった。

「昇太さんのキャラを作り、盛り立てていこうという意図も多少はあります。でも、そこから先、回答が盛り上がるかどうかは司会者とメンバーの掛け合い次第ですね」(福田さん)

 構成作家など裏方さんも含めて“一座”の団結力が笑点の魅力を生んでいる。

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
「春風亭昇太を笑点司会に推薦した理由」桂歌丸が明かす
笑点「消去法司会」昇太 ツッコまれ放題でパワーアップも
桂歌丸の夢は客席の一番前で『笑点』の公開収録を観ること

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP