ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見学応募の締切間近! 2016年の『富士総合火力演習』は8月28日

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

陸上自衛隊の『平成28年度 富士総合火力演習』が2016年8月28日に行われる。

略称「そうかえん」

『富士総合火力演習』は、毎年8月末に静岡県御殿場市の東富士演習場で行われるもので、広く見学者を募って実施している。

陸上自衛隊ホームページより

今年の公開日時は、8月28日の10時から12時まで。入場料などは無料。見学希望者の応募受付は6月から始まっており、締め切りは7月11日。つまり後1週間程だ。

過去の様子も

陸上自衛隊のホームページでは、平成21年度以降の演習状況を公開している。

平成25~27年度などでは、ほぼ全編を映像化(それぞれ約2時間)しているので、演習そのままの迫力を見ることが可能。

平成21年度は約2分、24年度は前後計約15分のダイジェスト版。短いながらも、こちらも演習の様子を見ることができる。

また一般見学者の撮影した映像も『Youtube』で公開中。人によって注目している場面が異なるのが興味深い。

【迫力音臨場感】 H25年 陸上自衛隊:富士総合火力演習 10式戦車 スラローム射撃 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=SGEKtFvo_HM

90式戦車 行進間射撃 富士総合火力演習予行2015 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=EjPXbHqK09k

アパッチの助太刀!ヘリ乱舞!自衛隊・富士総合火力演習・ヘリボーン、apache&heliborne – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ihFnrwlqnvo

チケットは4種類

見学希望の応募受付は、インターネット、もしくはハガキのみ。

駐車場利用の有無と、見学者中に29歳以下の人がいるかどうかにより、4種類のチケットがある。

平成27年度の応募倍率は、平均で約29倍だった。

入場者数は約29000人とあるので、当たっても来られなかった人がいることを考えれば、(家族名義などもあるだろうが)約90万人分の応募があったことになる。

ホームページには「来場される方の中に、29歳以下の方がお一人でもいらっしゃる場合は、青少年券でご応募下さい。(一般券より当選しやすくなっております)」となっているが、果たしてどれほどのものだろうか。

陸上自衛隊「平成28年度富士総合火力演習」
http://www.mod.go.jp/gsdf/event/fire_power/fire_power_28.html

※トップ写真は写真ACより、ポスターは陸上自衛隊ホームページより

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: keisen) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP