ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝日を背にたたずむ英兵の像

DATE:
  • ガジェット通信を≫

第一次世界大戦の激戦の一つ「ソンムの戦い」の開始から7月1日で100年を迎え、欧州では記念式典が開かれた。写真は、当時の英兵をかたどったイギリスのシーハムにある鋼の像。

【もっと大きな画像や図表を見る】

ドイツ軍に対し、イギリス・フランス軍の歩兵突撃が行われたソンムの戦い。攻撃開始初日の1916年7月1日だけでイギリス軍の死者は約2万人に上り、イギリス軍事史上最も凄惨な日ともいわれる。最新イベントの様子から、注目のファッションアイテム特集やセレブのプライベートショットまで、エンタメ情報を写真で楽しむならこちら。随時更新中!心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします
(R25編集部)

朝日を背にたたずむ英兵の像はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「EU離脱が就活に影響」の噂に日本の大学生が悲鳴
年間130億円説も Jリーグ放映権料増?にファン興奮
お金?結婚?「思っていた大人像」と違ったことTOP10
「ウィトルウィウス的人体図」のフィギュアが強そう
愛知県警の「星座占い」に困惑の声

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP