体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガッツリ食べたい! けどカロリーも気になる……「大豆だけ麻婆豆腐」がオススメです

f:id:uralatokyo:20160520165637j:plain

麻婆豆腐でなければダメな日がある

まだクツクツと煮えたぎる麻婆豆腐から立ち昇る湯気と香気。これを鼻腔いっぱいに吸い込んだ後、一気にレンゲですくう。ヤケドしそうなほど熱い豆腐をハフハフと口の中で躍らせ、トロミをまとった挽肉をぐっと噛み締め、ビリビリとした花山椒の刺激が舌に突き刺されば、鼻の頭や頭皮からどっと汗が噴き出す。

ちょっとしたマグマになっている口内に、カッキーンと冷えたビールを流し込めば……みなまで言うまい。時折、無性に麻婆豆腐が食べたくなるときがありませんか?

しかし、しかしですよ!

年々確実に増えている私の体重と腹回りの贅肉と血糖値。学生時代はそれなりにスポーツもやってましたけど、あの頃から幾星霜……。40代になったにもかかわらず、食べる量は学生のときと変わってなけりゃ、そりゃ太るよね。

そ・こ・で、ガッチリ食べたい、でもカロリーも気になるお年頃の男子(アラフォー)にオススメしたいのが「大豆だけ麻婆豆腐」

肉っけはゼロ! 豆腐も大豆(まあ、あたり前か)、挽肉の代わりも大豆(厚揚げの皮とひきわり納豆で代用)、調味料も大豆(味噌)という体にも財布にも優しい一皿を調理します。

これからご紹介する「大豆だけ麻婆豆腐」は、小さな子どもがいる我が家で作っているレシピなので辛味はつけていません。食べるときにお好みの調味料で、お好みの辛さでお楽しみください。

「大豆だけ麻婆豆腐」の作り方(1〜2人分)

f:id:uralatokyo:20160520165628j:plain

材料 厚揚げ豆腐(1枚) ひきわり納豆(1パック) ニンニク、しょうが、長ネギ

(それぞれみじん切りにして、各一つまみくらい) 小ねぎ(小口切り、二つまみくらい)

調味料 サラダ油(少々) 水(150cc)
味噌(約25g ※使う味噌の塩分によって調整してください) 鶏ガラスープの素(顆粒タイプで3振りくらい) しょう油(少々) 砂糖(少々) ゴマ油(少々)

f:id:uralatokyo:20160520165629j:plain

まずは厚揚げの皮(?)をそぎ落としていきましょう。多少厚めにそいじゃってもOK。白い豆腐部分が少なくなっちゃうけど。

f:id:uralatokyo:20160520165630j:plain

厚揚げの六面をすべてそいだら、みじん切りに。挽肉の代わりなので、それくらいのサイズに刻むのがよいです。残った豆腐の本体は賽の目切りに。

f:id:uralatokyo:20160520165631j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。