ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『笑点』山田クン 重労働の座布団運びのため体を鍛える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「大本命・円楽」の下馬評を覆し、新司会者に選ばれた春風亭昇太(56才)。初司会の回はなんと視聴率28.1%。1996年に現在の放送時間(毎週日曜午後5時30分~6時)になって以来、最高記録を叩き出した。

 そんな『笑点』で座布団を運び続けて32年。78才の木久扇に次ぐ古株なのに、8月には還暦を迎えるのに、いまだに「山田クン」と呼ばれ続ける山田たかお(59才)。座布団運びだからこそわかる、笑点の裏側を語ってくれた。

 * * *
 ぼくが座布団運びを始めた時の司会は、先代の5代目三遊亭圓楽。圓楽師匠は芸事に厳しい人で、先輩の借金ネタなど、人の悪口で笑いを取ると怒り出す。ぼくらにとっては神様みたいな人でした。

 歌丸師匠は優しい人だけど、落語芸術協会の会長として、落語の現場では厳しかった。だからいい緊張感がありましたね。昇太くんやたい平くんなんて、最初は緊張して楽屋に入れなくて廊下にいたぐらいなんだから(笑い)。

 昇太くんの司会? 早口だし、噛むから聞き取れないんだよ(笑い)。座布団を「持ってって」「取ってって」って何度も言うし。そうしたらいちばん端に座ってるたい平くんが、「ぼくが合図するから」って言ってくれたんです。

 だけど、合図が来たと思って持っていったら、たい平くんが勝手に言っただけだった。そういうハプニングも昇太くんらしいね。

 たい平くんの24時間テレビのマラソンも話題だけど、実はぼくも2006年の正月に笑点の企画で50km走らされたことがある。いわば先輩だね。5代目圓楽師匠が司会だった時に「雪の中、山田を裸で走らせたら面白いんじゃないか」なんて言うもんだから。

 裸じゃなかったけど、特注の着物を着て、座布団かついで走りましたよ。今のたい平くんも、その時ぼくがお世話になったトレーナーさんについてトレーニングをしているみたい。

 布団運びは楽そうに見えるけど、実は重労働。1枚3kg。それが汗や湿気を吸ってさらに重くなる。ギックリ腰も4~5回はやってます。司会者は「全部きれいにしちゃって」なんて気楽に言うけど、いっぺんに持てるのはせいぜい5枚が限度。

 ぼくは座布団運びのために普段からダンベルで手首鍛えたり、スクワットをしたりしてますよ。座布団を運ぶタイミングはもう体に染みついてます。「間」の取り方がとにかく大事で、ぼく以外の人が座布団運びをやった時に「やっぱり山田クンじゃないと」と言われたこともありました。

 5代目圓楽師匠から「山田クン、後を頼む」と言われ、歌丸師匠には「山田クン、ありがとう」と涙を浮かべられた。大変な座布団運びだけど、やってきてよかったな、と心から思うし、100年目を元気に迎えるためにも、いっそう体を鍛えようって元気が出て来るね(笑い)。

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
六代目圓楽 山田隆夫にカップ焼きそばを要求し犬猿の仲に
林家木久扇 変な儲け話を持ち込むため『笑点』の楽屋で孤立
『笑点』山田君も一言だけ これは第2の石坂浩二事件か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP