ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オバさん 頭の回転速く人の気持ちの裏読み取る冷静さ持つ説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オバさんは時に「ずうずうしい」と見られることもあるが、そのずうずうしさを人生に上手に活用している。そんなオバさんのずうずうしさ活用法について、ファッションプロデューサーの植松晃士氏が持論を展開した。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう! 今回は私がもったいないと痛感するオバさん現象についてお話ししたいと思います。昔と比べ、女性が実年齢よりも若々しく見えるようになった今、あからさまに「オバさん」と呼ばれて、いい気持ちになるかたはほとんどいないはずです。

 それは、オバさんという言葉の響きに、ずうずうしいとか、面倒臭がりやというニュアンスが含まれているからだと思うんです。私の周囲にリサーチした結果、オバさんの大きな特徴として真っ先にあげられたのは、“空気を読めない”でした。

 そうでしょうか。私が観察する限り、実はオバさんって、空気が読めないのではなく、あえて空気を読まない、もしくは、空気を読んでも、あえて無視する強者がほとんど、という気がするんです。

 つまり、オバさんは経験値が高いこともあり、頭の回転が非常に速いんですよ。オバさんというジャンルに属していれば、世間から、オバさんのやることだから仕方ないという免罪符を、やすやすといただけることを熟知しています。

 だから電車内で空席を見つけた時、人を押しのけてダッシュしようが、新幹線の中で強烈なにおいを発する食べ物を広げていようが、全然平気。多分、心の中で「オバさんですから、勘弁してちょうだいね」と開き直っているのではないかしら? その開き直りっぷりに、世間様はあきらめにも似た気持ちになるのだと思います。

 この“オバさん免罪符”を使う楽チンさを覚えてしまったら、なかなか抜け出せるものではありません。本能のおもむくまま、気楽に気ままに生活できるのですから。身に覚え、ありますか?

 でもね、オバさん免罪符を常時使用中のかたには、ちょっと考えていただきたいのです。オバさんは素晴らしく回転する頭脳をもっています。人の気持ちの裏の裏まで読み取る冷静さも備えています。

 この優秀な資質を有効活用すれば、周囲に細やかな気遣いのできる素敵なマダムになるのは簡単なはず。まもなく世の中はバーゲンの季節となります。毎年、デパートのバーゲン会場に出没する、両手で抱えきれないほど洋服やバッグを持ったオバさんたちの姿は、もはや風物詩となってしまいました。

 日本の女性がもっともっと素敵になるよう応援する者として、この光景が一日も早くなくなることを、切に願っております。あ、そうそう。バーゲンの話題が出たついでに、最後にバーゲンで買ってはいけないものについて、お話ししておきますね。

 妙齢の女性にとってのNGアイテム、それはズバリ、枯葉色のお洋服。以前、私は夏のファッションは見た目も涼やかに装うことがベストと申し上げました。そして涼やかに、爽やかに装うためには「白と紺がベスト」ともお話ししましたね。

 しかし枯葉色は、まさにその対極にあります。カーキなどはトレンドではありますが、茶、ベージュ、黄土色など、秋を思い起こさせる枯葉色は、けっして顔映りのよい色ではありません。

 好きなものを着たい気持ちもわかりますが、お財布の中身には限りがあります。経済的に考えたら、枯葉色のコスパは最悪ですよ。ぜひ、心にお留め置きくださいね。

 オバさん、万歳!

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
オバサン実感する時 暴飲暴食しなくなる、体にいいもの選ぶ
老いに逃げ道はない 松田聖子もライブでかわいく「よいしょ」
オバさん なぜかデパ地下ではぶつかっても謝罪しない傾向も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP