ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CM出演にチケット売り切れも 田原俊彦はなぜ復活できたのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月4日付のオリコン週間CDシングルチャートで、田原俊彦(55)の新曲『ときめきに嘘をつく』が28位にランクインした。ジャニーズ事務所に所属していた1991年の『夏いまさら一目惚れ』から1993年の『KISSで女は薔薇になる』まで以来となる、5曲連続30位以内を達成。同曲は、CDに先駆けて配信されたオリコンのダウンロードチャートで6月第1週で1位を獲得し、6月の月間チャートでも1位に輝いた。ダウンロードが主流になりつつある今、快挙といえるだろう。

 レギュラー番組『爆報!THEフライデー』(TBS系)の視聴率も好調で、同時間帯1位をキープ。昨年からの『グアム政府観光局』に加え、今年6月に創業130周年を迎えた『南海電鉄』のCMキャラクターにも抜擢され、関西地方でオンエアされている。また、8月末から始まるコンサートツアーのチケットは、早くもチケット売り切れの会場も出ている。

 ジャニーズ事務所独立以降はシングルがオリコン100位以内に入らない年が計10年間に上り、CM出演も数年に一度のペースであった程度。ライブの本数は激減し、会場自体も収容人数の少ない場所に移っていた。

 それが、ここ数年で徐々に状況が好転し、今年は本格的な人気復活の兆しを見せている。

 その背景には、サービス精神溢れる本人の対応もあるだろう。東京や大阪など全国5か所で行なわれた握手会はどの会場も溢れんばかりの人で埋まり、田原は一人一人のファンと言葉を交わしながら丁寧に対応。時にはエスカレーターのお客さんに話しかけたり、子供には目線を合わせて対応したりするなど瞬時のパフォーマンスで場を盛り上げた。

 ファンだけでなく、報道陣への対応でもエンターテイナーぶりを存分に見せた。6月21日に池袋サンシャイン噴水広場で行なわれた新曲リリースイベントでは、写真撮影の際に「ハッ!」「ヤァ!」と一つ一つのシャッターに気合いを込めて反応。

 一通りの質問が終わり、田原が改めて新曲のPRをし、リポーター陣が「ありがとうございました」と締めようとすると、田原が「いつも急に足を上げてくれと言われるから準備体操してきたのに、なんで今日は言わないんだ~~」と話し、足上げからの3回転ターンを魅せ、会場から拍手が起こった。芸能記者が話す。

「記者陣は『今回はバラードだし、足上げはない方がいいかな』と遠慮していました。本当は、あったほうが絵になるからありがたいんです。だから、最後に自ら言い出してやってくれたのは助かりましたよ。ほかの芸能人の記者会見と比べても、田原さんほどサービス精神のある人はなかなかいないですね。それが空回りすることもあるんでしょうけど、記者陣の中でも『愛すべき人』という認識はあります。

 かつて『ビッグ発言』が叩かれた記者会見の時も、田原さんの中ではいつものようにギャグで言っていたのが上手く伝わらなかっただけでしょう。それもサービス精神の現れですよ」

 新曲発表の会見中は記者だけでなく、各社のカメラマンや音声担当からも笑みがこぼれ、終始和やかな雰囲気が漂った。状況が悪い時も、徐々に好転してからの今も、田原自身は何ら変わっていない。そのブレない心持ちが、復活の秘訣かもしれない。

【関連記事】
田原俊彦の新曲がオリコンDLチャート1位 握手会で神対応も
山口百恵&桜田淳子の「ピンク・レディー動画」が大人気
安室奈美恵 オネエたちを狂喜乱舞させた新宿二丁目の夜

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP