ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディーン・フジオカ 占い的には「向こう10年人気継続」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 西洋占星術とタロットカードを使った独自の占いで人気の占い師・キャメレオン竹田が、旬な有名人の未来を予測するシリーズ「“きゃって”に占い」。今回は、人気沸騰中の俳優、ディーン・フジオカを占ってもらいました。

【プロフィール】
ディーン・フジオカ
生年月日:1980年8月19日 35歳
出生地:福島県

 大学卒業後、香港でモデルとして活動開始。2005年、映画『八月の物語』の主演で俳優デビュー。その後台湾に拠点を移し活躍する。2015年、NHK連続テレビ小説『あさが来た』の五代友厚役で日本国内での人気が爆発。プライベートでは、2012年に結婚、双子の子供がいる。

 * * *
──現在大人気の「おディーン様」ことディーン・フジオカさんを占っていただきたいと思います。

竹田:ホロスコープでパーソナリティーを見てみると、基本的に目立つのが好きな方です。でも、ちょっとだけお話がオーバーになっちゃいがちかもしれないですね。

──人前に出る職業には向いてそうですね。

竹田:その一方で、秘めた魅力を持っている人です。知れば知るほど、いろいろな面が見えてきて、とても面白い。実はスルメのような人ですね。

──内面はルックス以上の魅力がある、と。

竹田:あと、母性本能をくすぐりやすい。いま、女性週刊誌などで大人気となっているのも、当然のことでしょうね。そして、集中力が高くて、積極性もあります。

──去年の後半から一気に人気者になっているのも、集中力のおかげなのでしょうか?

竹田:そうかもしれないですね。実は、ここ1年くらいでホロスコープ上では性格に変化があったんですよ。これまでは、どちらかというと補助役というか、「周囲の人の役に立てればいい」みたいな控えめな性格だったんですが、これからの30年間はすごく積極的な性格に変わりました。いろいろな人と関わることがどんどん好きになってきて、人脈も広がって、仕事にも好影響を与えると思います。

──なるほど、ここ1年くらいで人気が急上昇しているのも納得ですね。

竹田:ある意味、これからの人生がディーンさんの本領発揮ですね。地下からやっと出てきたというか(笑い)。

──ディーンさんというと、俳優以外にも音楽活動をやったり、映画監督をやったりと、様々な方面で活躍していますが、何がいちばん向いているんでしょうか?

竹田:とにかくなんでもできちゃう人だと思うので、いろいろなことをどんどんやっていったほうがいいと思いますね。自分が面白いと思ったことを全部やったほうがいい。

──俳優だけにこだわる必要はない?

竹田:そう思います。バタリティーもありますし、何より向上心がすごい。我慢することなく、次々と挑戦していくべきタイプの人ですね。

──プライベートはいかがでしょうか。ディーンさんはけっこう謎が多いんですよね…。

竹田:ホロスコープ的にも、秘密主義の傾向が出ています。でも、それが大きな魅力だと思いますね。それこそ付き合っていくうちに、いろいろな面を知ることができますから。まさに、噛めば噛むほど味が出るスルメ的な魅力です。ただ、私生活はけっこう真面目なほうだと思いますけどね。

──謎めいている割には、意外と普通…みたいな。

竹田:羽目を外すタイプでもないし、危険な恋愛をするようなタイプでもないです。すでに結婚してお子さんもいらっしゃいますが、普通に子煩悩で家庭を大事にする人だと思います。

──スキャンダルの心配もなさそうな感じですね。

竹田:そういう意味では、人気は長く続くと思います。ホロスコープ的にも10年くらいはいまのいい状態が続きそうな配置になっています。人気は一過性のものではなく、今後も続いていくと思います。

 * * *
 ホロスコープ的には、このまま人気俳優として継続して活躍できそうなディーン・フジオカ。『はぴまり~Happy Marriage!?~』(Amazonプライム・ビデオ)、『喧騒の街、静かな海』(NHK)など、今後も続く出演作にも注目だ。

【プロフィール】
キャメレオン竹田/占術は西洋占星術とタロットカードで現在の鑑定予約は困難。テレビ・ラジオ出演、雑誌など複数のメディアで活躍する傍ら、インターネットでは、占星術・タロットや開運法を教える「キャメサロン」を運営。会員制ながら人気が集まり、人数制限をかけるほどの大盛況サイトとなっている。
キャメサロン:https://synapse.am/contents/monthly/chamereontakeda


【関連記事】
寺尾聰と共演したディーン・フジオカ「何回も鳥肌が立った」
ディーン・フジオカ 「おディーン様」の呼び名は好き?
一度新車を買うとはまる「マツダ地獄」 最近は値引きも渋く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。